2019年04月16日

環境整備はコミュニケーションのネタ探し!Mランド

本日は、島根県益田市の自動車教習所、Mランドの「そうじの力」コンサルティング日。

同社は、日本で最初に合宿教習を始め、サンキューレターやゲスト(教習生)のボランティア参加、Mマネー(所内地域通貨)など、ユニークな取り組みで、全国的に注目されている自動車教習所です。

その中でも、もっとも特徴的なのが、挨拶とそうじ。

そのそうじを、さらに進化・深化させるべく、私が3か月に1回訪問して、環境整備(5S)についての研修会を行っています。

同社では現在、全社員を11の班に分けて、それぞれの班に所内のエリアを割り当てて、そうじの活動に取り組んでいます。

廊下の床面を磨く班、敷地内の落ちているゴミを拾う班、用具の整理・整頓を行う班。

取り組む活動は、班それぞれです。

 

今回の研修で、ちょうど良い題材があったので、私の方から問いかけをしてみました。

学科教室の教壇にトレーがあったのですが、そのトレーの中身がグチャグチャなのです。

学科のテキストは分かるとしても、折れ曲がりしわくちゃになった書類、5~6個もある消しゴム、4~5本のボールペン、数個のクリップなど。

その場で、研修の参加者に、中身を空けて、一つひとつを確認してもらいました。

こうすると、「なぜこんなものがここにあるの?」とか「これはもう○○に変わったから、要らないよね」とか「こうした方がいいよね」という会話が生まれます。

また、そもそもこんなふうにトレーの中身がグチャグチャになってしまうのは、「各人の責任感が弱く、他人事だから」という問題意識も生まれます。

このトレーをどう整えるか、ということも大切ですが、こうしたプロセスをつうじて、会話が生まれ、問題意識が生まれ、それが会社をより良くする改善につながることの方が、大切だと思うのです。

そう、環境整備(そうじ=5S)というのは、場をキレイにする活動というよりは、工夫・改善・リーダーシップ・コミュニケーションのネタ探しなのです。

だから、場が乱れていたり、汚れていたりしたら、ネタがたくさんあると喜べばいいのです。

だって、ネタがなかったら、詰まんないでしょ?(笑)

 

「ネタ」を生かして組織風土改革に成功した事例を実感できる、セミナーや実践企業見学会(ベンチマーキング)に、ぜひご参加ください。

セミナーやベンチマーキングの情報は、こちらをクリックしてください。

 

小早祥一郎

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社

(株)そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサー

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ