2019年04月18日

フィロソフィーを体現する方法とは?|野崎自動車

「フィロソフィー」というものを掲げて、社内に浸透させようという会社があります。

京セラやJALなどを率いた稲盛和夫さんの主宰する「盛和塾」の会員さんに多いようです。

フィロソフィーの内容は、他社でいうところの「理念」あるいは「クレド」などと近いものがあります。

いずれも、「わが社は何のためにあるのか?」「大切にしたい価値観とは?」「これだけはやろう」「これだけはすまい」という、目的や基本的価値観を現したものであり、とても大切なものです。

でも、このフィロソフィー、どうやったら具体的に浸透させることができるのでしょうか?

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早 祥一郎です。

 

フィロソフィーの血肉化には”そうじ”が有効

 

本日は、香川県の野崎自動車(株)の「そうじの力」研修日。

毎月、各工場長を集めて、環境整備についての研修を行っています。

同社において、この研修の目的は、「フィロソフィーの血肉化」です。

いくら立派なフィロソフィーが掲げられていても、それが実行・実践されなければ、何の意味もありません

野崎敬三社長は、それを、整理・整頓・清掃というアクションを通じてやっていこう、ということで、私に支援のオファーがあったわけです。

 

ですから、毎回の研修においては、具体的な整理・整頓のノウハウも指導しますが、それだけでなく、それらをすることが、同社フィロソフィーにどのようにつながるのか、ということをしっかりと解説しています。

 

今回、私の方から問題提起したのは、「徹底する」ということ。

 

活動をはじめて10か月ほど経ちました。

各工場で、少しずつ整理・整頓が進められています。

整理、つまりモノを捨てる際にも、中途半端にやるのではなく、徹底してやってほしい、と伝えました。

なぜなら、徹底してやることで、「気づき」が生まれてくるからです。

 

モノが中途半端に残っていると、たとえばそこにビスや釘などの異物が落ちていても、気づきません。

完全にクリアな状態になっていれば、異物の存在にすぐ気づきます。

 

そこで、研修を行っている会議室の什器を題材にして、実習を行いました。

たとえば、ホワイトボード。

マーカー置場に、いろいろなモノが無造作に載っています。

それをいったん全部どけて、キレイに雑巾がけをしてもらいました。

こうすると、クリアな空間になり、異物にすぐ気づくことができます。

この「徹底する」ということは、同社フィロソフィーの中にある「完全主義を貫く」に該当します

こうして、整理・整頓・清掃といった具体的アクションを通じて、フィロソフィーが浸透していくことが狙いです。

 

フィロソフィーの血肉化に必要な”実践”

 

さて、毎回の研修では、必ず実習を行います。

今回も、上述した実習の他に、整備工場の整理・整頓の実習も行いました。

いつもそうなのですが、毎回の実習では、野崎社長が参加の工場長たちと一緒に、積極的に動いてくれます。

こうした行動を通じて、社長と社員の距離が縮まり、より良い社風が築かれていくのだと思います。

 


◆御社の”5S活動”、「やらされ感」に溢れていませんか?
社長が意識すべき10のポ
イントを要チェック!(↓)

◆”そうじ”で業績が上がった!社員が変わった!実践企業経営者の生の声が聴ける、実践企業見学会。開催情報はこちらをチェック!(↓)

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ