2019年04月20日

環境整備をすると頭の整理ができる!|森田石材店

整理・整頓が大切だと言われます。

これは、物理環境のことだけでなく、私たちの頭の中にも言えること。

物理的に環境整備することで、頭の中も環境整備することができるのです。

今回は、そんな話題です。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早 祥一郎です。

 

物理的な環境整備が頭の中の環境整備を可能にする

 

本日は、兵庫県丹波市の(株)森田石材店の「そうじの力」コンサルティング日。

毎月一回訪問して、幹部やリーダー社員を集めて、”そうじ”(=環境整備)の研修を行っています。

取り組みを始めてから1年10ヶ月ほど。

各所で、随分と整理整頓が進んできました。

 

今回は、営業拠点である篠山店を参加者で視察をしました。

以前はぐちゃぐちゃだった倉庫の中が、キレイに整頓されていて、皆ビックリ!

営業社員の営業車両も、以前は色々な物が載っていたのですが、今は必要最低限のものだけが載っている状態が保たれています。

 

今回題材になったのは、ある営業社員の鞄の中身。

やたらと沢山の書類を持ち歩いているのです。 鞄から中身をいったん全部出して、参加者で意見交換をしました。

色々な質問やアドバイスが飛び交います。

一つひとつの書類について、

・それがどのような内容で

・どのような場面で必要なものか

を確認し、

・手元に持っていた方がいいのか

・引き出しにストックしておいた方がいいのか

などを検討していきます。

結果、大半の書類は引き出しに収納しておくのが望ましい、ということになり、常に持ち歩く書類はわずかになりました。

 

このプロセスで良かったのは、書類の整理を通じて、仕事の中身の整理、つまり頭の整理をすることができた、ということ。

環境整備は、決して見栄えを良くすることが目的ではありません。

モノへのアプローチを通じて、コトにアプローチするするのが”そうじ”(=そうじ)。

より仕事をしやすく、より楽しく、よりイキイキとできるようにするための活動が、”そうじ”なのです。

 


◆御社の”5S活動”、「やらされ感」に溢れていませんか?
社長が意識すべき10のポ
イントを要チェック!(↓)

◆”そうじ”で業績が上がった!社員が変わった!実践企業経営者の生の声が聴ける、実践企業見学会。開催情報はこちらをチェック!(↓)

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ