2019年04月24日

本質的問題の発見には”そうじ”が有効|滝澤酒造

問題には、表面に現れている「顕在問題」と、表面に現れず、水面下に隠れている「潜在的問題」があります。

実は、隠れている潜在的問題の方が、より重要で本質的であることが多いもの。

そうした本質的問題を、どうやったら発見することができるのでしょうか?

今回は、そんな話題です。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早 祥一郎です。

 

本質的問題が、”そうじ”の活動を通じて表面化される

 

本日は、埼玉県深谷市の滝澤酒造(株)の「そうじの力」コンサルティング日。

同社では、約1年前から、全社を挙げて”そうじ”(=環境整備)に取り組んでいます。

現在、だいたい2か月に1回くらいの周期で同社を訪問し、全社員を集めて、研修や現場でのアドバイスを行っています。

 

今回まず、

「前回訪問時から、どのような活動を行ったか」

を、報告してもらいました。

 

すると、

「予定していた活動があまり出来なかった」

とのこと。

 

なぜそうなったのか。

それなりに奥深い要因がありそうです。

 

これはチャンス!

 

“そうじ”の活動を進めると、必ずといってよいほど、「問題」が表面化してきます

 

それは、

「時間通りに集まれない」

「必要な情報が共有できていない」

「言いたいことが言える機会がない」

「社員同士でお互いが何をしているか分からない」

といったことです。

 

じゃあ、それらができるようにしていこう、ということで、じっくりと話し合いをしてもらいました。

すると、ほぼ全員から、

「ここはもっと○○したい」

「○○について共有できていないので、共有する機会を設けたい」

「○○を確実にするために△△という方法が良いのではないか」

といった要望や意見、アイデアがぽんぽん飛び出してくるのです。

 

とっても活気あふれるミーティングとなりました。

 

表面化した本質的問題を解決するのが”そうじの力”

 

この話し合いのお蔭で、

「今後の整理・整頓・清掃の活動をうまく実行していけそうな方策が見つかった」

だけでなく、

「情報共有」

「意思統一」

「ルールの明確化」

など様々な問題が表面化し、その対策も検討することができました。

 

こうして、「問題を明らかにし、解決していく」取り組みこそが、”そうじ”

「そうじの力」とは、組織を活性化させる力なのです。

 

さて、ミーティングのあとは、皆で実習です。

今回は、ある部屋に溜まっていたモノの整理です。

バケツリレーよろしく、連携して、部屋にあるものをいったん全部出し、中身を確認し、不要なモノは捨て、必要なものだけ戻しました。

ずいぶん年代物が多かったので、ほとんどのモノを捨てることができ、広いスペースが生まれました。

こうして、皆で一緒に汗を流すのも、コミュニケーションを促進する良い機会なのです。

今回のミーティングで決めたことが、同社の今後の活動をより一層促進させるに違いありません。

 


◆御社の”5S活動”、「会社の問題を見つけ・解決する場」になっていますか?
社長が意識すべき10のポ
イントを要チェック!(↓)

◆”そうじ”で業績が上がった!社員が変わった!実践企業経営者の生の声が聴ける、実践企業見学会。開催情報はこちらをチェック!(↓)

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ