2019年04月30日

PDCAを回そう!「一度やったから大丈夫」は落とし穴|大悦工務店

PDCAが大切だと、よく言われます。

でも、普段からきちんとPDCAを回すことって、意外に難しいですよね。

今日は、そんな話題です。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早 祥一郎です。

 

PDCAを回すためには、普段からのチェックが必要

 

本日は、東京都杉並区の(株)大悦工務店の「そうじの力」コンサルティング日。

2年4か月ほど前から、”そうじ”(=環境整備)に取り組んでいます。

 

取り組む前は、倉庫や下小屋にモノがあふれ、足の踏み場もないほどでした。

これまでにすいぶんと整理・整頓が進んで、スペースが拡がり、作業しやすい環境ができつつあります。

 

同社は、社長とその奥様、そして社長の弟さんである専務を中心とした、こじんまりした企業。

これまでは、家族の内輪だけで「なんとなく」してきたことを、他の社員にも分かるように、色々なルールや手順を明確にしていきました

 

お互いにより連携して仕事を進めるために、情報共有にも取り組んできました。

 

つまり、

“そうじ”で場が整っただけでなく、

「仕組み」や「意識」も整ってきた、

といってよいでしょう。

 

今回は、前回のコンサルティングから2ヵ月ぶりの訪問。

 

私はいつも支援先を訪問すると、最近の活動状況をお聞きするだけでなく、必ず現場を見て歩きます。

現場の状況が、その企業の実態を反映しているからです。

 

今回歩いてみて、倉庫の奥や下小屋の奥が、若干乱れていることに気づきました。

工務店なので、現場で余った材料や、手違いや仕様変更で使わなくなった建材などが、どうしても溜まってしまいます。

 

こうした残材などを、

「その場その場で、不要なものは処分」し、

「必要と思われるものはきちんと誰もが分かるように表示」をして、

「取り出しやすい場所に収納」

しておけば良いのですが、

忙しいと、どうしても、

「とりあえずここに置いておこう」

となってしまいます。

 

こうしたことを放置しておくと、だんだんと風紀が乱れてきます。

 

だから、定期的な見直しが必要。

PDCAで言えば、Cつまり「Check」です。

このCがあるからこそ、さらなる改善であるA(Action)につながり、

より良いP(Plan)へとステップアップしていけるのです。

 

一度整えたから、大丈夫。

もうできるようになったから、大丈夫。

 

そう思わず、折に触れてチェックし、改善していくことが大切です。

 

今回、あらためて、みなさんで現状を確認してもらい、その対策を話し合ってもらいました。

 

環境整備はコミュニケーションを促進する

 

こうしたことを通じて、お互いのコミュニケーションも良くなります

だから、定期チェック、定期ミーティングは、とても大切なのです。

 

それでも、

「なかなか自分たちではチェック機能を働かせることは難しい」

となることもあると思います。

 

そんな時は、

「第三者の目」に、

一度だけでも頼ってみてください。

 

ご相談いつでもお待ちしていますね。

 


◆”そうじ”で業績が上がった!社員が変わった!実践企業経営者の生の声が聴ける、実践企業見学会。開催情報はこちらをチェック!(↓)

◆御社の”環境整備”、「会社の問題を見つけ・解決する場」になっていますか?
社長が意識すべき10のポ
イントを要チェック!(↓)

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ