2019年05月20日

環境整備は徹底するからこそ、成果が出る!(株)森田石材店

環境整備に取り組んで、成果を出すためには、どうしたら良いのでしょうか?

単に、多少見栄えが良くなったとしても、経営的に成果が出なければ、悔しいですよね。

環境整備で成果を出すためには、妥協せず、「徹底する」ことが必要です。

今回は、そんな話題です。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早 祥一郎です。

 

環境整備は徹底してこそ、成果が出る

 

本日は、兵庫県丹波市の(株)森田石材店の「そうじの力」コンサルティング日。

毎月1回訪問し、幹部やリーダークラス社員を集めて、環境整備の研修を行っています。

お陰様で、ずいぶんと社内で整理・整頓が進んできました。

特にやっかいだったのが、石材の整理です。

石材は腐りません。

取っておけば、いつか何かに使える。

そうした考えから、なかなか整理が進まなかったのですが、これも、社長をはじめとする経営サイドの思い切りにより、ずいぶんと減量化が出来ました。

研修では、毎回、必ず現場を回ります。

現場というのは、作業場、加工場、車両、展示場、事務所などのことです。

現場で現物を見ながら、「ここはずいぶんと片づいたね」とか、「ここはもっと捨てられるものがあるはず」「つぎのステップとして○○しよう」ということを話しながら、皆で成果と課題を確認していきます。

そんな中で、事務所の状態があまり良くない、という話題になりました。

キャビネや本棚の一番上の板を「天板」と言います。

天板の上には、基本的に、何も置かないようにしましょう、というルールを決めたはずでした。

まず第一に、地震などの時に天板の物が落ちてくる恐れがあること。

そして、見栄えも良くないです。

ところが、今回、あちこちの天板にいろいろな物が載っかっているのです。

「ついつい」ということの連続なのでしょう。

 

環境整備を徹底するには、厳しさも必要

 

別に、天板の上に物が載っていても、特段に大きな問題ではありません。

でも、決めたはずのルールが守られていない、という状況を放置するのは、良くないです。

そこから、次々に秩序が崩れていきます。

机上ゼロだったはずのものが、机上に書類が溜まりだします。

足下ゼロだったはずが、フロア中に物が山積しだします。

環境整備は、徹底するからこそ、成果が出るものです。

「そこそこでいいや」という中途半端な取り組みでは、残念ながら所期の成果を出すことは出来ません。

徹底するためには、厳しさも必要です。

特に、経営者をはじめ、リーダーシップを期待される層には、決めたことを守ってもらうために、時には嫌われ役も演じてもらわなければなりません。

ルールを守る厳しさがあってこそ、皆が楽しく仕事ができるのだと思います。

 

徹底することで成果が出ている事例を実感できる、セミナーや実践企業見学会を随時開催しています。

ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

詳しくは、こちらをクリックしてご覧ください。

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ