2019年05月24日

環境整備は皆でやるとうまくいく!西島木材(株)

書類を整理した、と思っても、すぐに溜まってしまう。

整理したつもりでも、机の中はパンパン。

そんな悩みを持つ人は多いと思います。

なぜ整理がうまくいかないのでしょうか?

それは、本人が一人で整理しようとするからです。

環境整備は、仲間と一緒に行うことで、うまくゆくのです。

今回は、そんな話題です。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早 祥一郎です。

 

環境整備は一人でやらずに皆で一緒にやるとうまくいく

 

本日は、福井県あわら市の西島木材(株)の「そうじの力」コンサルティング日。

8年前に、私のお手伝いで環境整備をスタートさせた同社。

当初は毎月訪問してお手伝いしていましたが、現在は、半年に一回の訪問。

毎回、全員を集めて研修会を行っています。

8年間続けていても、課題はたくさんあります。

今回、気になったのは、書類の状態。

どうも、整理・整頓が行き届いている感じではありません。

一番苦手なのは、どうも西島社長のようです。

そこで、整理・整頓が得意な事務員さんと一緒になって、整理・整頓実習をしてもらいました。

すると、整理・整頓が進むんですね。

整理・整頓が苦手な人が、自分でやろうとしても限界があります。

だから、人の手を借りる。

特に、社内で共有しておくべき書類などは、きちんと誰もが分かるようにファイリングすることで、他の人たちの業務もスムーズにいくようになります。

他の人の目を入れることは、こうした視点を入れることでもあります。

さらに、こうしたプロセスが、コミュニケーションを促進する役目も果たします。

自分一人でウンウン唸りながらやるのは、「苦行」です(笑)。

 

皆で取り組むことで、問題の発見やコミュニケーションの促進になる

 

木材の加工場でも、工具を入れている引き出しの中が、乱れていました。

担当者は、「前任者が置いていったものなので、いじれない・・・」と言います。

そこで、社長や他の社員が一緒になって、整理を手伝いました。

前任者からの引継ぎがうまくできていない、という問題点も明らかになりました。

皆さんのコミュニケーションの促進にもつながります。

だから、環境整備は一人でやらない。

皆でやれば、良いことがいっぱいです。

 

皆で取り組むことで会社が活性化する!

そんな事例を間近で見ることのできる、実践企業見学会を開催します。

詳しくは、こちらをクリックしてご覧ください。

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ