2019年05月30日

整理・整頓・清掃の要諦はリーダーシップとチームワーク!

整理・整頓・清掃を進めて、会社を良くしていこう!

多くの経営者が、そう思うことでしょう。

しかし、実際には、なかなかうまくいかないことが多いものです。

整理・整頓・清掃をうまく進めるための鍵は、いったい何なのでしょうか?

物理的なテクニックなのでしょうか?

いえいえ、本当に必要なのは、リーダーシップとチームワークなのです。

今回は、そんな話題です。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早 祥一郎です。

 

整理・整頓・清掃を進めるカギは、リーダーシップとチームワーク

 

本日は、埼玉県八潮市の(株)内原製作所の「そうじの力」コンサルティング日。

毎月1回私が訪問し、幹部とリーダー社員を集めて、環境整備についての研修を行っています。

同社は金属プレスの会社。

金型を装着したプレス機で、スチールやアルミなどの材料をプレス加工して製品を作っています。

当初は、工場内に、既に廃盤になった製品の金型が積まれていたり、廃盤になった製品の在庫が残されていたりしました。

こうしたものを、まずは処分することで、ずいぶんと工場の中はスッキリしてきました。

毎回、必ず宿題を出して、各リーダーにその宿題を実行してもらいます。

そして、次回の研修会において、その成果を報告してもらうのです。

幸い、メンバーはみなさん前向きに取り組んでくれているので、宿題はきちんとこなしてくれています。

ただ、社内の様子を聞いていると、そんな中でも、いろいろな問題が出てきているようです。

たとえば、毎日、終業前の10分間、すべての機械を止めて、全員で機械の清掃を行うことになっているのですが、それが、きちんと行われていない、ということが分かってきました。

なぜうまくいかないのか。

いろいろと状況を聞いてみると、それは技術的な問題というよりは、その時間を統べる力、つまりリーダーシップの欠如であることが分かってきました。

皆に声を掛け、怠けている人がいれば叱り、頑張っている人がいれば誉め、困っている人がいれば手伝う。

こうしたリーダーシップが欠如しているのです。

当然ながら、チームの足並みも揃いません。

今回の研修では、このリーダーシップとチームワークについて、今後どのようにしていけばいいのかを、皆さんで話し合いました。

 

環境整備をつうじてリーダーシップとチームワークを育む

 

リーダーシップとチームワークがあるから整理・整頓・清掃が進むのか?

整理・整頓・清掃を行うから、リーダーシップとチームワークが生まれるのか?

ニワトリが先かタマゴが先か?

そのどちらとも言えるし、相互作用なのだと思います。

いずれにしても、環境整備の目的は、物理環境が整うことではなく、社内にリーダーシップとチームワークが育まれることだと思います。

この観点を忘れずに、私も、日々の支援活動に臨みたいと思います。

 

環境整備を通じてリーダーシップとチームワークが育まれた好事例を、間近に見ることのできる「そうじの力全国大会」を開催します。

ただいま、オブザーバー参加を募集中!

詳しくは、こちらをクリックしてご覧ください。

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ