2019年06月13日

理想のレイアウトを描くのも、環境整備の楽しみ!(株)森田石材店

環境整備に取り組み、整理・整頓が進んでくると、どうしても壁にぶつかることがあります。

従来のあり方では無駄やロスが大きく、改善に限界を感じてくるのです。

そんなときは、思い切ってレイアウトを変えてみる時期かもしれません。

現状のモノの配置にこだわらず、理想とするレイアウトを描いてみるのも、環境整備のひとつの楽しみです。

今回は、そんな話題です。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早祥一郎です。

 

白紙から理想のレイアウトを描いてみると、環境整備は楽しくなる!

 

本日は、兵庫県丹波市の(株)森田石材店の「そうじの力」コンサルティング日。

毎月1回訪問し、幹部、リーダーを集めて、環境整備についての研修を行っています。

各部署とも、整理・整頓が進んできました。

当初は大量に積まれていた石材も、実際に使うものとそうでないものの仕分けが進み、かなりの量を処分して、スペースも生まれつつあります。

そんな中で、加工場の道具や備品の置場を検討するにあたって、どうしても現行の配置だと無理があり、なかなか良い置場の形が浮かばない、という話がありました。

そこで、思い切って、現行のあり方にこだわらず、理想とするレイアウトを描いてみれば、という話になりました。

現行のレイアウトは、あくまでも「これまではこうだった」というだけで、決して理想というわけではありません。

作業の動線を考えて、一番作業がしやすいレイアウトを、皆で考えてみましょう、ということになりました。

もちろん、物理的な制約がありますので、描いたレイアウトがそのまま実現するかどうかは、わかりません。

でも、こうして皆で理想像を描くことは、とても楽しいですね。

 

環境整備は、トライアンドエラー

 

しかも、コトは業務そのものではなく、環境整備なので、別に堅苦しく考える必要はないわけです。

思い切ったチャレンジができるわけです。

万が一、失敗したとしても、大きな損失にはなりません。

トライアンドエラーでいいのです。

それに、レイアウトを見直す、ということは、業務の動線を見直すことにもつながるわけです。

一石二鳥です。

こんなことも、環境整備に取り組むことのメリットですね。

 

環境整備をつうじて組織が強くなった事例を実感することのできる、「そうじの力」セミナーや実践企業見学会を随時開催中!

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

 

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ