2019年07月02日

そうじを通じた組織風土改革に取り組む企業が全国から集結!

2019年6月29日、「第8回そうじの力全国大会」が開催されました。

このイベントは、全国からそうじを通じた組織風土改革に取り組む企業が集結し、お互いの取り組みを発表し合い、互いに意欲を高め合うためのものです。

毎回、実践企業に持ち回りで開催してもらっており、今回は、福井県鯖江市の有限会社ファインにホスト役を務めていただきました。

 

そうじを通じた組織風土改革に取り組む企業の合同勉強会

 

大会は、大きく3部構成で、

第一部は、ホスト企業、つまり今回の場合は(有)ファインの見学。

第二部は、参加各社の取り組みプレゼン。

第三部は、希望者のみですが、懇親会。

という内容です。

今回は、13社29名が集っての、熱気あふれる大会となりました。

理論理屈を百篇繰り返すよりも、実際にそうじを通じた組織風土改革に取り組む企業を間近に見るのが、一番の勉強になります。

参加者は、熱心にファインの社員さんたちの説明を聞いたり、現場の写真を撮ったりしていました。

ファインの特長は、「楽しくやる!」ということ。

環境整備を、ただ単に義務として取り組んでいる限りは、あまり発展しません。

ファインのように、楽しく取り組むことで、自発性が芽生え、創意工夫が生まれ、コミュニケーションが促進されるのです。

今回の見学会においても、参加者の皆さんに、ただ見てもらうのではなく、いろいろと楽しんでもらう工夫をしていました。

ファインは印刷の会社なので、参加者に、印刷の体験をしてもらうコーナー。

工場内を歩きながら、クイズに答えてもらう「クイズラリー」などなど。

参加者の皆さんは、ファインの取り組みを間近に体験し、「楽しく行うことこそ、環境整備の成功の秘訣だ」ということを、理解していただけたと思います。

 

”そうじ”は場をキレイにする活動ではなく、人を育てる活動

 

ファインに象徴されるように、環境整備とは、決して見栄えを良くする活動ではありません。

整理、整頓、清掃を通じて、人を変え、人を育てる活動なのです。

実際、第二部の各社の取り組み発表においては、決して順風満帆ではなく、社員の反対や失敗など、紆余曲折を経ながらも、少しずつ、人や組織が変わってきている、という内容が多かったです。

それこそが、まさに私たちが表現する“そうじ”です。

”そうじ”とは、「本質を明らかにし、究める」取り組みのこと。

整理、整頓、清掃を通じて表面化してきた問題に手を打ち、皆で少しずつ組織を変えていく試みなのです。

 

百聞は一見にしかず。

そうじを通じた組織風土改革は、実践企業を見学することが、一番の勉強になります。

今後も、こうした実践企業見学会を随時、開催してまいります。

詳細は、ホームページ上に随時アップしていきますので、チェックしてみてくださいね!

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ