2019年07月09日

PDCAサイクルを早く回せる組織になる、実践トレーニング方法!

年度の始めや、月の始めなど、必ず「売上目標」や「行動計画」を決めると思います。

でも、それを実践したことに対する「評価」や「フィードバック」、きちんとできているでしょうか?

「PDCAサイクルが、社内でうまく機能していないな」

と感じた時は、ぜひ全社で”そうじ”に取り組んでほしいと思います。

その理由とは…?

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早 祥一郎です。

 

▼目次

“そうじ”とは、PDCAそのもの
PDCAは「早く」回さなければ意味がない
「何の道具を使うか」ではなく「決めた道具をどう使うか」が大切

 


“そうじ”とは、PDCAそのもの

 

本日は、香川県を中心に11店舗を展開するホームセンター、(株)西村ジョイの支援日。

毎回、社長と各店舗の店長やマネージャークラスの社員と、環境整備の勉強会を開催しています。

 

同社では、環境整備基準である「西村ジョイスタンダード」を、1年以上の時間をかけて作成しました。

そのマニュアルが実践に耐えうるものか、各店舗を回りながら、運用状況を確認し、必要があれば修正していくというプロセスを繰り返しています。

 

今回は、朝生田店(愛媛県松山市)に集合。

同店での開催は初なので、参加者全員で、バックヤードから店頭までじっくりと見て回りました。

 

課題として挙がったのが、売場の棚板などの什器を収納しておく置場。

マニュアルと、若干、仕様が違うようです。

「置き場面積が狭いので、マニュアル通りにはいかない」というのがその理由。

 

この課題に対し、各店からの参加者が様々な議論を重ねます。

「まずは一旦出してみよう」と、什器を出してみることになりました。

拭き上げ、マニュアルの通りにできないか検討した結果、

「やはりマニュアルどおりにやろう」

と決まりました。

 

これは別に杓子定規にやろうということではありません。

「マニュアルの仕様の方が、結果として分かりやすく乱れにくいはずだ」

という考えからです。

 

同社では、このように”そうじ”を通じて「現場でPDCAを回すトレーニング」をしています。

 

 


PDCAは「早く」回さなければ意味がない

 

PDCAとは、業務を継続的に改善していく手法のことです。

 

マニュアルを作成したことは、P(Plan=計画)にあたります。

今回の場合は、D(Do=実行)に不備があったということがC(Check=評価)で分かったわけです。

ですからそれを、A(Action=改善)で見直していく、というわけです。

 

多くの組織で、「計画→実行」までは特に意識されることなく行われています。

ところが、「評価」で多くがつまずきます。

そもそも評価の場がなかったり、評価基準が明確になっていなかったりで、その次の「改善」につながらないのです。

 

マニュアルを作ったから、指示命令を出したから、綿密な計画を立てたから、そのとおりに物事が整然と行われる、ということは決してありません。

計画を確実に実践し、チェックして、見直し、更新していく。

そして、そのスピードを上げていく。

それを身体感覚として得るために、実践訓練する場が”そうじ”だと言っても良いでしょう。

 

 


「何の道具を使うか」ではなく「決めた道具をどう使うか」が大切

 

最近では、

「PDCAで仕事を進めるのはもう古い、これからの時代はOODAだ」

と言われています。

 

市況の変化が早い現代において、

「『実行』のアクションを取るころには、『計画』はすでに破綻していることがある」

というのが、そう言われるゆえんでしょう。

 

しかしながら、PDCAが生きる場面は沢山あります。

全く新しい手法が、PDCAのデメリットをカバーする、というものでもないでしょう。

 

私は

「PDCAそのものが意思決定が遅くなるデメリットを持っている」

という問題より、

「PDCAの流れを停滞させる組織構造になっている」

という問題の方が深刻であると思っています。

 

「組織風土」や「慣習」によって、サイクルが回るスピードが落ちてしまっている。

それをPDCAという「道具」のせいにしているように思うのです。

 

PDCAは早くサイクルを回してこそ、その効果を発揮します。

 

そのためには、

・意思決定の流れを停滞させない実践トレーニング

・ボトルネックをつくらない組織の柔軟性をつくること

この両方が欠かせません。

 

PDCAは、誰もが知っているシンプルなフレームワーク。

「シンプルな道具」を活かしきれる組織になれれば、他のどんなものにも応用が利くようになるでしょう。

 

道具は「何を使うか」ではなく、「どう使うか(活かすか)」です。

“そうじ”という道具も、あなたの会社に的確な「使い方」がかならずあります。

「あなたの会社での使い方」のご相談、いつでも承ります

 

★”そうじ”の「使い方」については、こちらの記事もどうぞ(↓)

 

◆あなたの会社の「5S」「環境整備」は、なぜ会社を変えてくれないのか?
 その10の理由をお答えします!詳細こちらをチェック!(↓)

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ