2019年07月16日

会社の体質を変えたいなら。「何を使うか」ではなく「どう使うか」。

“そうじ”をすると、会社が変わります。

この言葉だけをとって、環境整備の本を片っ端から買い、その通りに進めたとしても、恐らく社長であるあなたが望む効果は得られないでしょう。

なぜなら、「あなたの望むもの」によって、やり方は全く変わってしまうからです。

環境整備は単なる「ツール」。

そのツールをどう使うかが、うまくいくかの分かれ道なのです。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早祥一郎です。

 

▼目次

そうじは苦行?レクリエーション?
「楽しく」活動できる理由
「キレイにする」を目的にすると”効率主義”に陥る

 


そうじは苦行?レクリエーション?

 

本日は、島根県の石見交通(株)の「そうじの力」研修日。

各部署およびグループ会社のリーダーたちに、環境整備の研修を行っています。

毎回、ミーティングと、全員での現場巡回、実習などを行います。

 

「今日入った新人でも、どこに何があるかわかるようになっている」

状態を目指し、各部署の取り組みから、それぞれ真似できるものを探します。

 

また、他の部署のメンバーから意見をもらい、

「ここでは『あたりまえ』としてやっていること」

の見直しを行っています。

みんなで課題を見つけ出し、ルールを決め、運用し、修正する。

このたゆまぬ繰り返しの中で、少しずつ社員さんの視点が変わっていったり、組織に変化が現れていく。

 

それをサポートするのが私の仕事です。

 

さて、今回のミーティング、とてもいい発表がありました。

「ただやるだけでは面倒くさい掃除を、部署内のコミュニケーションツールとして活用できた」

というものです。

 

 


「楽しく」活動できる理由

 

ミーティングでは、スクリーンを使い、各部署からここ数か月間の活動を報告してもらいます。

活動が進むと、ユニークなアイディアがたくさん生まれてきます

 

とても印象的だったのが、「石見銀山世界遺産センター」の報告。

石見交通(株)は「石見銀山世界遺産センター」の指定管理者として、同センターの運営を行っています。

 

今回、センターで取り組んだのが、石見銀山に至る道に設置してある道路看板の清掃。

「石見銀山こちら」とか「石見銀山まであと4㎞」などと書かれた道路看板です。

 

そもそも、これらの看板は、同社の持ち物ではありません。

だから、キレイにする義務などありません。

 

でも、

「看板をキレイにしたほうが利用者にとっては便利だよね」

「キレイにして観光客が増えたらいいよね」

という想いで、取り組むことに決めたそうです。

 

合計30枚の看板を、1時間半かけて、5つくらいの班に分けて、総勢15人ほどで清掃。

「暑い中、大変な作業でしたが、わいわいと冗談をいいながら、とても楽しくやりました」

とのこと。

 

同社が環境整備に取り組む目的が、

「社内に『にこにこサイクル』を回し、社風を良くしていくこと」

「社員の自主性を尊重し、高めること」

だからこそ、このような取り組み方になるのです。

 

 


「キレイにする」を目的にすると”効率主義”に陥る

 

これがたとえば「キレイにする」ことを目的とした活動だと、どのようなことが起こるでしょうか。

 

たとえば、仕事の手を止め、業務時間内に清掃を行うことになったとき、

「いかに少ないコストで、効率的に行うか」に主眼が置かれることでしょう。

すると作業は「1人につき2枚、一人一人分かれて行う」という分担になります。

 

確かに作業時間は短縮されるかもしれません。

でも、とてもじゃありませんが、暑い中1人で行う清掃は、「楽しく」はできないでしょう。

掃除好きな人でない限りは苦行になりますし、熱中症で倒れるリスクもあります。

 

 

そもそも掃除は、多くの人にとってマイナスイメージからスタートします。

 

「やらなくて済むならやりたくないこと」

「面倒くさいこと」

「ほかにやらなきゃいけないことがあるのに、やらなければならないこと」

 

これに、苦行の要素が加わると、いよいよ

「会社命令だから、仕方がないけどやること」

になり、「組織風土の改善」に繋がっていくことはないでしょう。

 


石見交通の研修は、いつも笑顔で溢れています

 

環境整備は単なる「ツール」に過ぎません。

 

社長が「どんな会社を作りたい」か。

そして、「どのようにツールを使う」のか。

「想い」と「行動」が合致すれば、環境整備は組織に大きな変革をもたらすでしょう。

 

あなたの会社の環境整備は、

「あなたの想い」

に合致したものになっていますか?

 

確認したいときは、お気軽にご相談くださいね

 

★「想い」と「ツール」を合致させる方法(↓)

 

◆あなたの会社の「5S」「環境整備」は、なぜ会社を変えてくれないのか?
 その10の理由をお答えします!詳細こちらをチェック!(↓)

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ