2019年07月24日

組織風土を変えるには。まずは「社員のマインド」より「社内の状態」に着目せよ!

組織風土の良い会社に行き、「自社もこうなりたい!」と胸を躍らせたことはあるでしょう。

そして、「組織風土を変えるために、まずは社員のマインド(考え方)を変えよう!」と、モチベーション研修を課していることもあるでしょう。

でもそれが「組織風土の変化」に結びつくかといったら、そうは簡単にはいかないもの。

では、「社員のマインド」と「組織風土」、ともに変化させるには、どうしたらよいのでしょうか。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早祥一郎です。

 

▼目次

「5S」は、会社の真の課題を日の元に出す活動
「目に見える問題」は、単なる”現象”。その奥の「見えない課題」に目を向けよ!
組織風土を変えたいならば、「日常の変化の積み重ね」を大切に

 

 


「5S」は、会社の真の課題を日の元に出す活動

 

本日は、埼玉県羽生市の小暮ゴム(株)の「そうじの力」コンサルティング日。

毎月1回訪問し、社長および班長クラスの社員と、5S(環境整備)の研修を行っています。

 

同社小暮社長が”そうじ”に期待しているのが、

「服装や現場の整理整頓を通じて、社員のマインドを変えていきたい」

ということ。

 

取り組み開始から5か月。

以前自社だけで5Sに取り組んでいた時よりも、社員さんの表情も変わってきているようです。

 

工場内も徐々に整理・整頓が進んできました。

しかし、まだまだ工場内には、「何これ?」というものがあります。

 

現場を皆で一緒に見て回ると、工場の建屋の外側の軒下に、砂埃を被ったゴムの材料の在庫が積んでありました。

 

「ここにあるものは、しょっちゅう使うものですか?」

私が聞くと、現場の班長さん曰く、

「めったに使わないものもありますね」。

社長と社員が現場で現物を見ながら話し合う

小暮社長はそれを聞いて、

「あまり出ない製品の材料は、お客様に返すから、調べて報告しなさい」

と指示を出しました。

 

このやりとり、表面上は、

「そこにあるモノを減らせないか」

という「モノ」に対するアプローチに思えます。

 

でも、実際にやっていることは、

「在庫の適正量を把握し、お客様との取引内容を確認する」

という、「コト(経営課題)」に対してのアプローチになっているのです。

 

 


「目に見える問題」は、単なる”現象”。その奥の「見えない課題」に目を向けよ!

 

経営課題には、

・売上や利益の数字などの「データに直接現れるもの(見えるもの)」

・コミュニケーションの課題などの「データに直接現れない(見えないもの)」

と2種類あります。

 

そして、この2種類は複雑に絡んでいることがとても多いのです。

 

「見える」経営課題が見つかったとき、

「何らかの見えない問題が、”現象”として目に見える形で表れている」

と捉える方が良さそうです。

 

とはいえ、この「データに直接現れない(見えない)問題」を探っていくのは至難の業。

そこに辿り着くための手段が”そうじ”なのです。

 

「モノ」を出したり、分けたり、減らしたり。

そうした行動に伴って、自然と「コト」の課題が明確になってきます

 

そうして出てきた「見えない問題」に、きちんと向き合うからこそ、組織風土は変わるのです。

 

 


組織風土を変えたいならば、「日常の変化の積み重ね」を大切に

 

組織風土を変えようとして、

「まずは社員のマインド(考え方)を変えよう!」

と、モチベーション研修を課している社長さんも多いことでしょう。

 

講師の力、日常と違う場の力、ともに受講する人々からの影響…。

モチベーション研修で、「その場での変化」が起きるのは確かなことです。

 

でも人のマインドを作り上げてきたのは、まぎれもなく「今までの日常の積み重ね」です。

短期間で、価値観などを無理に変えようとするのは無理があるでしょう。

 

だからこそ、社員の意識を前向きに変えたいならば、それらの研修に加え、「日常で小さな変化を起こす継続」をしましょう。

 

それが”そうじ”です。

 

社長と社員のミーティングのようす

 

「自分の働きかけで、社内環境が良い方向に変化した」。

そう実感できた時、

「もっと良くするにはどうしたらいいだろう」

という気持ちが生まれます。

 

物理環境の変化が、制度や仕組みを変える元になるのです。

 

「制度や仕組みをより良くしたい」と思える気持ちは、マインドの変化そのものでしょう。

 

日常における社内の小さな変化を、子育てのように、社員とともに取り組み、共有しましょう。

大きな課題にぶつかったときは、社長が逃げずに向き合いましょう。

 

気が付いた時には、組織風土は確実にかわっているはずです。

 

★”そうじ”とは一体何なのか?5Sと何が違うのか?詳しくはこちら(↓)

 

◆あなたの会社の「5S」「環境整備」は、なぜ会社を変えてくれないのか?
 その10の理由をお答えします!詳細こちらをチェック!(↓)

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ