2019年07月24日

5Sはモノへのアプローチを通じてコトにアプローチする営み

5S(そうじ、環境整備)とは、モノを整える活動だと、とらえられがちです。

確かに、5Sをすれば、場が整い、キレイになります。

ただ、それは結果であって、目的ではありません。

モノへのアプローチは、手段であって、目的は、コトにアプローチすること。

モノにアプローチすることで、自然とコトにアプローチできるのです。

今回は、そんな話題です。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早祥一郎です。

 

モノへのアプローチを通じてコトにアプローチするのが5S活動

 

本日は、埼玉県羽生市の小暮ゴム(株)の「そうじの力」コンサルティング日。

毎月1回訪問し、班長クラスの社員を集めて5S(環境整備)の研修を行っています。

取り組み開始から5か月ほどがたち、工場内も徐々に整理・整頓が進んできました。

しかし、まだまだ工場内に、「何これ?」というものが散見されます。

毎回の研修では、必ず、工場の現場を皆で一緒に見て回ります。

今回、工場の建屋の外側の軒下部分に、ゴムの材料の在庫が積んであるのが気になりました。

私が、「ここにあるものは、しょっちゅう使うものですか?」と尋ねると、現場の班長は、「めったに使わないものもあります」とのこと。

社長と社員が現場で現物を見ながら話し合う

それを聞いた小暮社長は、「あまり出ない製品の材料は、お客様に返すから、調べて報告しなさい」と指示を出しました。

これって、表面上は、そこにあるモノを減らせないか、という「モノ」に対するアプローチなのですが、実際にやっていることは、在庫の適正量を把握し、お客様との取引内容を確認するという、「コト」に対してのアプローチですよね。

とても大切なことなのですが、実は、いきなり「コト」にアプローチするのって難しいのです。

なんせ、「コト」って、見えないですから(笑)。

でも、こうして「モノ」にアプローチしていくと、自然と「コト」の課題が明確になるのです。

だから、会社の組織風土を変えようとするときに、掃除はとってもお勧めの手法なのです。

 

いきなりマインドに切り込むことは難しいから、まずは物理環境を整える

 

世にあまたあるモチベーション系の研修をくさすわけではありませんが、いきなり人間のマインドに切り込むことは、とても難しいです。

意識を変えなきゃいけないときに、「意識を変えろ!意識を変えろ!」と百篇唱えても、たぶん残念ながら、意識は変わりません(笑)。

だから、形から入ればいいのです。

社長と社員のミーティングのようす

物理環境をネタにして、それを改善する策を実行していけばいいのです。

そうすれば、それに付随する制度や仕組み、そして意識も、必ず変わっていきます。

同社の小暮社長も、「服装や現場の整理整頓を通じて、社員のマインドを変えていきたい」とおっしゃっています。

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ