2019年07月25日

経営理念を浸透させるために。「行動する場」を用意していますか?

時間をかけて、経営理念や経営指針を作った。

でも、それを全社に浸透させることの難しさを実感している…。

そんなときこそ、全社で取り組んでほしいのが”そうじ”です。

“そうじ”は、経営理念を体現する社員を育てるための最適な手段です。

どうして、”そうじ”が有効なのでしょうか?

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早祥一郎です。

 

▼目次

「”そうじ”でフィロソフィーを浸透させる」とは?
浸透させるには、体現することが必要
「言葉」は「行動」とセットになって初めて伝わる

 


「”そうじ”でフィロソフィーを浸透させる」とは?

 

本日は、香川県高松市の野崎自動車(株)の「そうじの力」コンサルティング日。

同社は「車検のコバック」を展開する自動車整備会社。

3つの乗用車車検整備工場と大型車車検整備工場、そして鈑金工場を運営しています。

 

毎月1回訪問し、社長と各工場の工場長とともに、環境整備の研修を行っています。

研修のようす

 

同社における”そうじ”の目的は二つ。

ひとつめは、「各工場の効率化やミスを低減させること」。

ふたつめは、「整理・整頓・清掃の実践を通じて、社内にフィロソフィーを浸透させること」。

 

野崎社長が重きを置いているのは、二つ目の「フィロソフィーの浸透」です。

 

例えば、同社のフィロソフィーのひとつに

「完璧主義を貫く」

というものがあります。

 

「”そうじ”でフィロソフィーを浸透させる」とは、いったいどういうことでしょうか?

 

 


浸透させるには、体現することが必要

 

今同社は、各工場で「整理」を進めている最中です。

ちょうど今回、現場を巡回しているときに、工場内にたくさんのタイヤが積まれているところがありました。

新しいタイヤ、使った跡のあるタイヤ、スタッドレスタイヤ、夏用タイヤ。

いろいろなタイヤがごちゃごちゃになっています。

積まれたタイヤの確認

これは何だ、と社長が尋ねても、よくわからない状況のようです。

 

ここに「完璧主義を貫く」を体現する、とはどういうことか。

・一つひとつのタイヤがどのようなものかがわかるようにする

・最適な場所を選定し、誰でもわかるようにしておく

 

このように徹底することが「完璧主義を貫く」を体現できている状態でしょう。

 

 


「言葉」は「行動」とセットになって初めて伝わる

 

「言葉」は不完全なものです。

生まれ育った環境や、影響を受けたものなど、背景によって解釈が違ってきます。

 

だから、社長の想いを伝えるために、「言葉」と「行動」をセットにするのです。

そこではじめて、「社長はこの言葉を、この意味で使っている」と、「言葉」が社員の肚に落ちます

 

思想や哲学が高邁であればあるほど、「言葉を体現する」ことをいくつも実行に移していくことが大切です。

全員でできる行動を通じて、社長が伝えたいことを伝えていくのです。

 

朝礼で唱えたりすることももちろん良いことでしょう。

でも「暗記すること」と「行動に移せること」は違うことをお忘れなく。

 

◆あなたの会社の「5S」「環境整備」は、なぜ会社を変えてくれないのか?
 その10の理由をお答えします!詳細こちらをチェック!(↓)

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ