2019年08月08日

「責任を取りたくない人」を「決断できる人」に育てるには?

「整理をすると、場も気持ちもスッキリする」。

でも「整理」をすると手に入る、もう一つの大きな効果があるのです。

それは、「決断力が身につく」ということ。

いったいどういうことでしょう。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早 祥一郎です。

 

▼目次

実践するから実感になる。実感できるから実行できる。
整理とは、「決断」の訓練
決断できない人=責任を取りたくない人

 


実践するから実感になる。実感できるから実行できる。

 

本日は、電子サーバーの第三者保守を手掛け、急成長中のデータライブ(株)の「そうじの力」コンサルティング日。

毎月1回訪問し、環境整備委員会のメンバーに向け、研修を行っています。

 

これまでは「どのように環境整備を進めるのか」という枠組み作りをしてきました。

枠組みが出来てきたので、いよいよ、実践に移ろうということになりました。

 

とはいえ、「整理」がどういうもので、「整頓」とはどうすればいいのか、は実際にやってみないと、その勘所はつかめません。

そこで、メンバーのデスクを題材にして、「整理の実習」をすることにしました。

 

まず、ターゲットエリアを決めて、そこにあるものを、いったん全部出します。

デスクの上のものをいったん全部出す

そして、出したもの一つひとつを確認します。

使っていないものは捨て、使っているものだけを元に戻します。

 

そうすると、

・本人は要るものだと思っていたものが、実は要らないものだった

・置場として適正なのは、ここではなかった

というようなことが分かってくるのです。

 

実践は、「これならできる」という実感を生みます。

実感できるから、実行できるようになるのです。

 

 


整理とは、「決断」の訓練

 

実習後に、会議室に戻り、参加者全員で、実習に関する質問や感想をシェアしました。

「人によって要不要の判断が違うことが分かった」

「自分のデスクもすぐに整理したい」

などなど、いろいろな感想が出ました。

 

「整理を続けていけば、仕事の優先順位を即座に判断できるようになる」

と山田和人社長。

 

整理は、「”自分にとって大切なもの”を明らかにし、それ以外のものを捨てること」です。

その「決断」を積み重ねていくことで、「自分にとって何が大切なのか」優先順位をつけていくことができます。

 

整理とは「決断」の訓練でもあるのです。

 

 


決断できない人=責任を取りたくない人

 

「モノを捨てられない」人は、どのような人なのでしょうか?

 

・もったいないという気持ちが強い

・いつか使うかもしれないと思う

・後悔するかも、という「恐れ」がある

・「捨てる」行為に罪悪感がある

他にもいろいろあるでしょう。

 

でも、一言で表すと「自分が責任をとりたくない」人ではないでしょうか?

 

「捨てる」という行為は、「自分で決断する」という行為です。

自分の下した決断に責任をとるのは、もちろん自分しかいませんね。

 

「モノを捨てられない」タイプの社長に、もし「会社の整理整頓をしなさい」と言われたら、社員は辛い思いをすることでしょう。

「捨てる責任」を委譲しておいて、いざ何かを捨てたら「なんで勝手に捨てたんだ!」と怒られる…。

そんなことになったら、たまったものではありません。

 

社長の机の周りは、整理できていますか?

環境整備の始めどころは、そこからです。

 

◆あなたの会社の「「5S」「環境整備」は、なぜ会社を変えてくれないのか?
 その10の理由をお答えします!詳細こちらをチェック!(↓)

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ