2019年08月13日

環境整備のマンネリ化を乗り越えるには「我が社の歴史」を伝えよ!

どんな取り組みにも、必ず「マンネリ化」する時期が訪れます。

ひとつのことを長く続ければ続けるほど、世代間にも格差が生まれるでしょう。

マンネリを打破するために、社長にはやらなければならない役目があります。

それは【歴史を伝える】ことです。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早祥一郎です。

 

▼目次

当初の熱気が、今はない
「長期の環境整備のマンネリ化」をどう打破するか
「我が社の歴史」を共有できているか

 


当初の熱気が、今はない

 

本日は、香川県高松市の生駒学税理士事務所の「そうじの力」コンサルティング日。

「四国一環境整備ができている税理士事務所」を目指す同社。

7年前から、環境整備に取り組んでいます。

 

同社は、社員数67名と、大きな税理士事務所。

全員が会議室に集合しての研修が難しいので、いつも、執務フロアに着席してもらい、レクチャーと実習をしています。

執務フロアでのレクチャー

 

その後は「そうじの力推進委員会」メンバーと、書庫やセミナールーム、駐車場などを見て回りました。

書庫の環境整備のチェック

 

今回の研修と巡回で出てきた課題。

 

それは、

「そうじの力に取り組んだ当初のような熱気が、今はない」

ということでした。

 

 


「長期の環境整備のマンネリ化」をどう打破するか

 

7年前、環境整備をスタートさせた当初は、ずいぶんと活気がありました。

それもそのはず、積もりに積もった書類の山を、全員で汗だくになって整理していったからです。

 

同じ課題を共有し、課題の解決に向かって、全員で汗を流す。

そこには仲間意識と団結が生まれます。

災害の復興などに似た面があります。

 

環境整備がマンネリ化しやすい第一ポイントは、「大きな課題」を解決したときです。

生駒会計では、「書類の山を捨てきった」時でしょう。

 

その後「整頓」をし、管理体制が整っていくことで、「整理しなければならない書類」は必然的に減っていきます。

 

環境整備のスタート当初を知る社員さんは、

「あの当時に一緒に活動した人と、後から入社してきた人の温度差がある」

と言いました。

 

「温度差を埋めたい」という課題が出てきたので、どうするかを話し合いました。

 

 


「我が社の歴史」を共有できているか

 

社歴によって温度差が生まれるのは当然です。

それは、世代間によっても同じでしょう。

 

でもそこで、

「中途社員はやっぱり我が社には合わない」

「最近の若者はすぐに辞めたり、残業もしないで帰って…」

とレッテルを貼ってしまってはいないでしょうか?

 

社長や古参社員は、

【歴史を伝える】こと、

つまり「我が社のあゆみ」や「我が社のターニングポイント」

を伝える努力を怠っていないでしょうか?

 

【歴史を伝える】ということは、

社長や古参社員が、

「俺の若いころは…」

などと言って自慢やマウンティングをすることではありません。

 

会社が見舞われた危機と、当時の人たちが何を考え、どう行動したのかを伝えることです。

 

 

生駒学税理士事務所では、ミーティングの結果、

「月1回3時間、溜まった書類を全員で整理整頓し、書類の返却や廃棄のルールを見直そう」

ということになりました。

ミーティングのようす

 

その場は、「我が社の歴史」を伝え、そしてともに新しい歴史を刻む、大切な場になることでしょう。

 

★生駒所長が環境整備に取り組むと決めた理由とは?(↓)

 

◆あなたの会社の「「5S」「環境整備」は、なぜ会社を変えてくれないのか?
 その10の理由をお答えします!詳細こちらをチェック!(↓)

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ