2019年08月13日

そうじで一緒に汗を流すから、信頼関係が生まれる!

社内の信頼関係って、どうやったら生まれるのでしょうか?

どうすればお互いを理解し合い、仲間同士の絆が生まれるのでしょうか?

中には、社員旅行や運動会、飲み会などをつうじて、こうしたことを築いていこうとする会社もあります。

でも、私がお勧めするのは、”そうじ”を通じて、こうした信頼関係を築いていくことです。

今回は、そんな話題です。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早祥一郎です。

 

心と体はつながっているから、場を整えることで心を整える

 

本日は、香川県高松市の生駒学税理士事務所の「そうじの力」コンサルティング日。

同社は「四国一環境整備ができている税理士事務所」を目指しており、7年前に、私がお手伝いして環境整備の活動をスタートさせました。

当初は毎月訪問していましたが、今では、年に一回訪問し、研修を受けてもらっています。

同社は、社員数67名と、大きな税理士事務所であり、全員が会議室に集合しての研修が難しいので、いつも、執務フロアに着席してもらい、そこを私が歩きながら、レクチャーと実習をしています。

執務フロアでのレクチャー

私はフロアを歩きながら、みなさんのデスク周りを見ていきます。

人によって差がありますが、キレイに整っているデスクと、モノがごちゃごちゃしているデスクがあります。

そこで、デスクの引き出しの中身を、いったん全部出して、要らないものは捨て、要るものだけにしてもらいました。

みなさんからは、「常に整理しているつもりだったが、意外にモノが溜まっていることに気づいた」というような感想コメントがありました。

長年、環境整備に取り組んでいても、ほうっておけば、いつの間にか物は増えてしまいます。

こうして、定期的に整理することが必要です。

よくいうのですが、心と体はつながっています。

ごちゃごちゃと乱れた環境に身を置いていると、心まで乱れてきます。

だからこうして、身の回りの物理環境を整えることで、自分の心を整えるのです。

もちろん、コンサルティングにおいては、デスク周りだけでなく、書庫やセミナールーム、駐車場なども巡回していきます。

書庫の環境整備のチェック税理士事務所の場合、いちばんやっかいなのは、書類です。

お客様からお預かりした書類などが、油断すると、どんどん溜まってしまいます。

それを、いかに整理していくか。

あらためて、書類の返却や廃棄のルールを周知徹底することが必要だ、ということになりました。

 

そうじで一緒に汗を流すから、信頼関係が生まれる!

 

さて、一通り巡回がおわり、最後に「そうじの力」推進メンバーで集合して、まとめを行いました。

今回の巡回で見えてきた課題に対して、今後、いかに取り組んでいくか、の確認です。

ミーティングのようす

ミーティングの中で、生駒学所長から、「そうじの力に取り組んだ当初のような熱気は、今はないね」という話がありました。

確かに、7年前に、私がお手伝いして環境整備をスタートさせた当初は、ずいぶんと活気がありました。

それもそのはず、積もりに積もった書類の山を、全員で汗だくになって整理していったからです(笑)。

運動会などと似ているところがあります。

みんなで同じ目標に向かって汗を流すことで、仲間意識が生まれます。

団結力が強まるのです。

でも、運動会は実務上のメリットがありませんが、環境整備は、仕事がしやすくなる、気づきが高まる、などの実務上のメリットがたくさんあります。

活動開始当初は、皆で汗を流して書類を整理して、その結果、仕事もしやすくなり、皆の団結力も強まりました。

今は、それほど整理しなければならない書類がたくさんあるわけではありません。

なので、それほどガッツリと書類整理は行っていないとのこと。

環境整備のスタート当初を知る社員は、「あの当時に一緒に活動した人と、後から入社してきた人の温度差がある」と言っています。

それは当然でしょう。

生駒所長が言うように、こうして一緒に汗を流す活動が、社内を活気づける力があることは、間違いありません。

ちょうど、書類が溜まってきたということもあり、今後は、月1回2時間の「重点活動日」を、3時間に延長して、全員でしっかりと取り組もうじゃないか、ということで、話がまとまりました。

最初を知っている人も、その後に入社してきた人も、これから書類整理で一緒に汗を流せば、そこでまた、新たな絆が生まれることでしょう。

 

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ