2019年08月21日

決算書に現れない「我が社の現実」が隠れている場所とは?

私は研修の際必ず、「社長も参加すること」をお願いしています。

特に「整理」「整頓」「清掃」と進めていく過程において、「整理」の段階の社長の参加は必須です。

なぜならば、「整理」はただ物を捨てるだけではなく、社長にとってとても大切な「ある情報」を与えてくれるからです。

それは、「決算書に現れない、我が社の現実」です。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早 祥一郎です。

 

▼目次

整理のコツは、「いったん全部出す」こと
なぜ「一旦全部出す」のか
「我が社の現在地」を、社長は把握できているか?

 


整理のコツは、「いったん全部出す」こと

 

本日は、埼玉県羽生市の小暮ゴム(株)の「そうじの力」コンサルティング日。

毎月一回訪問し、社長およびリーダー社員とともに、5S(環境整備)についての研修を行っています。

 

同社の5Sの目的は、フィロソフィー(理念)の浸透。

「従業員の物心両面の幸せと会社の発展、お客様の繁栄を願い、仕事を通して人格を高め、地域・社会に貢献する」

これを体現する人になるべく、5Sに力を入れて取り組んでいるのです。

 

今は「不要なものを捨てること」、つまり「整理」に取り組んでいます。

現場巡回のようす

 

研修では、毎回、ここ一か月間の活動報告をしてもらいます。

ある参加者社員さんが、こんなことを仰っていました。

 

「ここには要るものしかないので、捨てるものはほとんどないだろうと思っていました。

でも、いったん全部出して中身を一つ一つ確認してみると、結構必要ないものがあったんです。

驚きました」

整理をしてスッキリした道具棚

他のメンバーからも、

「棚の中身をいったん全部出してみたら、ほとんどが捨てるものだった」

という報告がありました。

 

 


なぜ「一旦全部出す」のか

 

人は頭の中で、「これはあそこに置いてある」とモノの管理をしています。

でも、脳は精度100%のコンピューターではありませんので、全てを全て覚えていることはできません。

さらに、記憶にはキャパシティがあります。

重要度の高い案件を優先的に記憶していなければなりません。

 

「いつか使うから取っておこう」と、さして重要でないものを取っておく場合。

脳は早々に「これは必要のない記憶」と判断して、奥の方へ仕舞ってしまうのですね。

 

だから、「一旦全部出す」と、

「これはここにあったのか!」

「前は使ったけど、もう要らないね」

ということが起こるようになります。

 

「一旦全部出す」

ということは、厳しめに言うと、

「あなたの現時点のキャパシティはこれだけです」

という、現実に向き合う作業なのです。

 

現実に向き合わなければ、達成すべき目標は立てられません。

だから、整理を徹底して行う必要があるのです。

 

 


「我が社の現在地」を、社長は把握できているか?

 

「要るものと要らないものが混在し、それを放置しながら仕事をしている」

ということは、

「自社の今の実力を把握できていない」

ということ。

 

もしそうであれば、

・かなり無理をして仕事に忙殺されている社員がいる

・社員の犠牲の上に初めて会社が成り立っている

と捉えても良いでしょう。

 

整理は、そういった「働き方の現実」を露わにするものでもあります。

 

「我が社の現在地」を、社長は把握できているでしょうか?

決算書に見えないものが、社内環境に隠れています。

 

 

★”そうじ”とは何か?はこちら(↓)

 

◆あなたの会社の「「5S」「環境整備」は、なぜ会社を変えてくれないのか?
 その10の理由をお答えします!詳細こちらをチェック!(↓)

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ