2019年08月28日

大きなクレーム、ミス、事故を引き起こす「小さな問題」に気づけ!

大きなクレーム、ミス、事故。

会社経営にトラブルはつきものですが、これらの「大きな問題」の発生はなんとか食い止めたいところ。

この「大きな問題」を引き起こす原因を知り、潰していくにはどうすれば良いでしょうか?

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早祥一郎です。

 

▼目次

「面倒だな」と思うことの中に、解決すべきものがある
潜んでいる「問題」は何か?
「小さな問題」の積み重なりが、「大きな問題」を生む

 


「面倒だな」と思うことの中に、解決すべきものがある

 

本日は、大阪府で3つの霊園を運営し、墓石販売を手掛ける(株)西鶴の「そうじの力」コンサルティング日。

年に3回ほど訪問し、環境整備についての研修を行っています。

霊園(墓地)というと、「暗くて汚い」というイメージがありますが、同社の霊園は「明るくキレイ」で、まさに「ヨーロッパの庭園」です。

 

環境整備に取り組んで5年弱。

整理、整頓、清掃は、すでにかなりのレベルに達しています。

 

それでも、今回、私はある点に注目して問題提起をしてみました。

事務用品をストックしてある引き出しがあるのですが、そこがちょっとゴチャゴチャしている印象を受けたのです。

そこで、その引き出しの中身を、いったん全部出してもらいました。

事務用品ストックをいったん全部出しているところ

すると、修正テープが10個ほども出てきたのです。

 

 


潜んでいる「問題」は何か?

 

「これは何ですか?」

と聞くと、

「よく消耗するから、買ってきたのです」とのこと。

 

「一ヶ月で10個消費しますか?」

と聞くと、皆さん苦笑い。

 

ここで明らかになったのは、

「事務用品を購入するときに、余計に買ってしまう」

つまり、

「事務用品の管理体制が整っていない」

という問題点です。

 

これを放っておくと、

「先月整理したはずなのに、またモノが増えている」

ということがしばしば発生することになります。

 

これは、

「責任の所在が曖昧になっている」

ということであり、

「経費を垂れ流していても平気な状態」

ということでもあります。

 

皆さんに話し合ってもらい、事務用品を購入する際の原則を確認してもらいました。

 

・購入する際には、A4用紙などの大量に消費するもの以外は、その場で使う1個だけを購入する

・購入する前に、他の店舗(霊園)で余計なストックがないか、電話やLINEなどで確認する

・個人使用のものは記名をし、迷子になっても戻ってくるようにする

などなど。

 

 


「小さな問題」の積み重なりが、「大きな問題」を生む

 

「事務用品は消耗品なのだから、多くあっても構わないじゃないか」

「1個100円の世界だろう?小さなことじゃないか」

と思われる方もいることでしょう。

 

しかしながら、会社で起こる大きなトラブルの原因を分解してみると、このような「小さな問題」が沢山絡んでいることに気が付くでしょう。

ボトルネックが、「小さな問題」に起因していることも少なくありません。

 

不要なモノに溢れていると、ひとつひとつの「小さな問題」に気が付くことはなかなかできないもの。

一人一人が「小さな問題」に気づく感度を上げるためにも、環境整備への取り組みが必要なのです。

 

◆あなたの会社の「「5S」「環境整備」は、なぜ会社を変えてくれないのか?
 その10の理由をお答えします!詳細こちらをチェック!(↓)

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ