2019年08月28日

いったん全部出すと、問題があらわになる!

整理のコツは、「いったん全部出す」ことだと申し上げています。

いったん全部出すと、要るものと要らないものが明らかになり、整理が進むのです。

でも、この「いったん全部出す」という行為は、別に物理環境をスッキリさせるためのもの、というわけではありません。

その本質の狙いは、「隠れた問題をあらわにする」ことなのです。

今回は、そんな話題です。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早祥一郎です。

 

いったん全部出すと、本質的な問題があらわになる

 

本日は、大阪府で3つの霊園を運営し、墓石販売を手掛ける(株)西鶴の「そうじの力」コンサルティング日。

年に3回ほど訪問し、環境整備についての研修を行っています。

霊園(墓地)というと、「暗くて汚い」というイメージがありますが、同社の霊園は「明るくキレイ」で、まさに「ヨーロッパの庭園」です。

環境整備に取り組んで5年弱。

整理、整頓、清掃は、すでにかなりのレベルに達しています。

それでも、今回、私はある点に注目して問題提起をしてみました。

事務用品をストックしてある引き出しがあるのですが、そこがちょっとゴチャゴチャしている印象を受けたのです。

そこで、その引き出しの中身を、いったん全部出してもらいました。

事務用品ストックをいったん全部出しているところ

すると、修正テープが10個ほども出てきたのです。

「これは何ですか?」と聞くと、「よく消耗するから、買ってきたのです」との答え。

しかし、いくらよく消耗するものであっても、一か月で10個は消費しないでしょう(笑)。

このような場合、買うのはその場で使う1個でいいはずです。

1個ならば、ストックする場所も要りませんし、在庫管理も必要ありません。

しかし、こうして余計なストックがあると、そのためのスペースも取りますし、在庫管理が面倒になります。

ここで明らかになったのは、「事務用品を購入するときに、余計に買ってしまう」という問題点です。

ですから今回、参加者の皆さんに話し合ってもらい、事務用品を購入する際の原則を確認してもらいました。

すなわち、購入する際には、A4用紙などの大量に消費するもの以外は、その場で使う1個だけを購入する、ということ。

そして、購入する前に、他の店舗(霊園)でストックがないか、電話やLINEなどで確認すること、ということです。

これによって、無駄な在庫を抱えることなく、日々のコミュニケーションも良くなっていくことでしょう。

環境整備に取り組むということは、単に物理環境を整えることではなく、こうした本質的問題の解決に取り組む、ということなのです。

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ