2019年08月30日

形が変われば、心も変わる!

何かの改革をしなければいけないときには、意識を変える必要があります。

でも、意識って、どうやったら変わるのでしょうか?

心って、見えませんよね。

どうやったら心って変わるのでしょうか?

いろいろな方法があるのでしょうが、ひとつの方法は、「形を変える」ということです。

今回は、そんな話題です。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早祥一郎です。

 

思い切ったレイアウト変更も時には効果的

 

本日は、香川県琴平町の(株)イシカワの「そうじの力」コンサルティング日。

毎月1回訪問して、環境整備の研修を行っています。

同社は全員で8人の、家族経営の会社。

介護用品の販売とレンタル、および、介護用の住宅改修を請け負っています。

整理、整頓に取り組んで、一年半ほどになります。

おかげさまで、事務所、倉庫ともに、だいぶスッキリと整ってきました。

これまでに、ずいぶんと不要なものを捨ててきました。

同社の「そうじの力」においては、単に物理的に整理、整頓を進めるだけでなく、活動を進める中で表面化してきた諸問題を解決していくことに重点が置かれています。

その意味で、今回のミーティングの中でも、「社長が忙しすぎる」「社内での業務負荷の平準化が進んでいない」「それを進めるための教育訓練が不足している」という話が出てきました。

これらについて、今後、解決に取り組むことになります。

それを進めるためにも、もっと機能的に動けて、分かりやすく働きやすい職場環境を作ることが必要だ、ということで意見がまとまりました。

特に、以前からの懸案ですが、住宅改修部材の在庫を事務所から倉庫に移動し、その空きスペースを社員の休憩所にしたい、というプランが停滞していることが課題として挙がりました。

そこで私の方から、「じゃあ今日、やれるところまでやってしまいましょう」と提案しました。

そのためには、住宅改修部材をいったん全部出して、不要なものを処分して在庫量を減らして、棚を事務所から倉庫に移動し、必要なものをそこに収納する、という作業が必要になります。

けっこう大変な作業ですが、気分を変えるためには、時にはこういった大掛かりなレイアウト変更も必要です。

さっそく、全員で取り掛かりました。

いったん全部出した住宅改修部材一口に、「不要なものは捨て、必要なものだけ残す」といっても、なかなか難しいものです。

いろいろな種類の住宅改修部材がありますが、どれも、取っておけば、「注文が入ったときには使える」というものです。

ですが、やはり「よく出る」ものと「めったに出ない」ものはあります。

そういった観点で、「よく出る」ものだけを残していきました。

量としては、半分くらいに減ったでしょうか。

そして、空になった棚の移動です。

軽トラを使って棚を移動

軽トラに載せて移動しました。

もともと2つの棚があったのですが、今回、整理をして減らしたことで、一つの棚で間に合うようになったので、一つは廃棄することにしました。

残りの一つの棚は、倉庫に移動して、今後は倉庫を住宅改修部材の置場とすることにしました。

 

「形」を変えれば「心」も変わる

 

こうして、もともと住宅改修部材の棚があった場所が、広く空きました。

空いたスペースビフォア写真がないので、ちょっとわかりにくいかもしれませんが、これが、今回空いたスペースです。

今後、ここに食事をしたりする社員の休憩所を作っていくことになります。

2時間ほどかけてここまでするのは、かなりの労力でした。

私も少し力仕事を手伝いましたが、汗だくです(笑)。

でも、みなさん、「スッキリして気持ちがよくなった」「広くなって嬉しい」との感想。

こうして「形」が変われば、それに伴って、「心」も変わっていくものです。

これをきっかけにして、同社の環境整備も、よりいっそう進むことでしょう。

何かブレークスルーしたいときには、まず形を変えてみる、というのは、お勧めの方法です。

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ