2019年09月05日

続けるから本物になる。「続ける」ために必要なのは「楽しさ」。

ものごとを「本物」にするためには、「続ける」ことが肝要です。

“そうじ”は、続けてこそ、会社を良くする真価を発揮します。

続けるためにキーとなるのが「楽しさ」。

「そうじ」と「楽しさ」、一体どうやって繋げれば良いのでしょう?

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早 祥一郎です。

 

▼目次

「WOMEN’Sプロジェクト」で会社の体質を変える!三代目社長が選んだのは”そうじ”

「”そうじ”は楽しい」と実感してもらう

「楽しい」ことは、前向きにできる

 


「WOMEN’Sプロジェクト」で会社の体質を変える!三代目社長が選んだのは”そうじ”

 

本日は、福岡県北九州市の冠婚葬祭業、(株)サニーライフの社内勉強会に招かれて講演をしてきました。

同社は創業49年。

同市内に1つの結婚式場と11の葬祭場を持つ、社員180人ほどの会社です。

 

現在の社長は3代目で、女性。

会社の古い体質を変えるべく、女性だけの「WOMEN’Sプロジェクト」を立ち上げ、さまざまな改革に取り組んでいます。

そのWOMEN’Sプロジェクトが、「おもてなしの原点は”そうじ”」として、社内でいま一度そうじを徹底しようと、私を講演に招いてくれました。

 

サニーライフでの講演

 

環境整備の目的、

なぜ整理、整頓、清掃に取り組むと社風が良くなるのか、

そうじに取り組んで社風が変わった事例の紹介、

実際に取り組み際のコツ、

など、「そうじをつうじた経営改革」を網羅的にお話ししました。

 

サニーライフでの講演2

とはいえ、「あー、良い話を聞いた」で終わってしまうのでは、意味がありません。

その後の実践行動につなげてこその講演です。

そこで2つ、「ミニ実習」をしてみました。

 

 


「”そうじ”は楽しい」と実感してもらう

 

■ミニ実習その1 カバンや服のポケットの中身を「いったん全部」出してみよう!

 

私が「さあ、出してみましょう!」と呼びかけると、とたんに会場は「え~っ!」というざわめき。

カバンの中身を人前でさらけ出すなんて経験、あまりありませんよね。

「いったん全部出す」と、盛り上がります。

「いやー、いろいろ要らんものがあるなあ」とか「これ何?」とか、隣同士で茶々を入れ合いました。

 

■ミニ実習その2 「見えない所」をそうじしてみよう!

 

ウェットティッシュを、参加者一人につき1枚配ってもらい、「普段見えない所」を拭いてもらいます。

会場内での「見えない所」というと、テーブルの裏側や椅子の脚など。

見えない所のそうじ実習

こうした「見えない所」は、当然、汚れています。

ウェットティッシュについた黒い汚れを見ながら、「うわっ、汚い!」「これは気づかなかった!」などの声が上がります。

みなさん、楽しそうです。

 

そう、私が伝えたかったメッセージは、「そうじって、意外に楽しいものだ」ということ。

 

 


「楽しい」ことは、前向きにできる

 

人間は基本的に面倒くさがりな生き物です。

脳の仕組みとして「体力を温存させるため(=生命を守るため)」に、だらけるのは本能だそうです。

 

そして”そうじ”は、基本的には「面倒くさい」「やらなくて済むならやりたくない」ものです。

 

ただただ「会社命令だから”そうじ”をやりなさい」では、「仕方ないから嫌々やる」ようになってしまうのが目に見えていますね(笑)。

 

でも人間、「自分が好きなこと」「楽しいと思うこと」は、前向きに取り組み続けることができるもの。

そうじを好きになるのはちょっと難しいかもしれませんが、「楽しい」と思えるようにはできます。

 

「楽しい」にするヒントは「仲間と小さな達成感を共有する」こと

 

ものごとは、続けると本物になります。

でも、続けるために必要なのは、まず始めること。

始めるのに大きな役割を担ってくれるのが、「楽しさ」です。

 

◆”そうじ”で業績が上がった!社員が変わった!実践企業経営者の生の声が聴ける、実践企業見学会。開催情報はこちらをチェック!(↓)

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ