2019年09月05日

身体を動かすことで、心も動く!

世の中には、様々な勉強会や研修会があります。

どれも、それなりに良い内容であるにも関わらず、心に残るものと残らないものがあります。

その後、効果が出るものと出ないものがあります。

その違いは、どこにあるのでしょうか?

研修の内容が心に残るようにするためには、どうすればいいのでしょうか?

今回は、そんな話題です。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早 祥一郎です。

 

身体を動かす「そうじ」の実習が、心も動かす

 

本日は、福岡県北九州市の冠婚葬祭業、(株)サニーライフの社内勉強会に招かれて講演をしてきました。

同社は創業49年。

同市内に1つの結婚式場と11の葬祭場を持つ、社員180人ほどの会社です。

現在の社長は3代目で、女性。

会社の古い体質を変えるべく、女性だけの「WOMEN’Sプロジェクト」を立ち上げ、さまざまな改革に取り組んでいます。

そのWOMEN’Sプロジェクトが、「おもてなしの原点は”そうじ”」として、社内でいま一度そうじを徹底しようと、私を講演に招いてくれました。

サニーライフでの講演

180名という大所帯のため、午前の部と午後の部の、2回に分けての講演です。

私は、環境整備の目的や、なぜ整理、整頓、清掃に取り組むと社風が良くなるのか、そうじに取り組んで社風が変わった事例の紹介、実際に取り組み際のコツ、などを、「そうじをつうじた経営改革」を網羅的にお話ししました。

どちらの回も、みなさん、前向きな姿勢で聴いていただきました。

サニーライフでの講演2とはいえ、この手の講演は、聞くだけでは、「あー、良い話を聞いた」で終わってしまいます。

その後の実践につながりません。

まして、コトは「そうじ」です。

良い話を聞いて、良い気持ちになって、何もしなければ、まったく意味はありません(笑)。

そこで、私は、講演の中で、「ミニ実習」をしてみました。

「ミニ実習その1」は、参加者のカバンや服のポケットの中身を「いったん全部」出してもらうこと。

私が「さあ、出してみましょう!」と呼びかけると、とたんに会場は「え~っ!」というざわめき。

カバンの中身を人前でさらけ出すなんて経験、あまりありませんよね。

それでもみなさん、素直に実行していただきました。

狙い通り、こうして「いったん全部出す」と、盛り上がります。

「いやー、いろいろ要らんものがあるなあ」とか「これ何?」とか。

隣同士で茶々を入れてもらいます。

 

「そうじ」は楽しいものだと実感してもらう

 

次の「ミニ実習その2」は、あらかじめ事務局に用意してもらっていたウェットティッシュを、参加者一人につき1枚配ってもらいます。

そのウェットティッシュを使って、「見えない所」をそうじしてもらいます。

会場内での「見えない所」というと、テーブルの裏側や椅子の脚などがあります。

そこを、みなさんに拭いてもらいました。

見えない所のそうじ実習こうした「見えない所」は、当然、汚れています。

ウェットティッシュについた黒い汚れを見ながら、「うわっ、汚い!」「これは気づかなかった!」などの声が上がります。

みなさん、楽しそうです。

そう、私が伝えたかったメッセージは、「そうじって、意外に楽しいものだ」ということ。

これを、言葉で『そうじは楽しいよ』と言ったところで、伝わりはしません(笑)。

やっぱり、こうした「実習」は、実際に体を動かすことで、心も動くものなのです。

同社のWOMEN’Sプロジェクトでは、今回の講演を契機にして、「そうじを通じた企業風土改革」を強力に推し進めていく、とのことです。

今後の展開が楽しみです。

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ