2019年09月23日

「良い社風を作りたい」ならば、社長は「ゆとり」を作るべし!

“そうじ”をすることで、会社の風土は良くなっていきます。

でも、単に社員が整理したり整頓したり、あるいは掃いたり拭いたりするだけで、本当に風土は良くなるのでしょうか?

答えは、「ノー」。

社長の”そうじ”への関わり方が、大きな鍵なのです。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早 祥一郎です。

 

▼目次

「スマートになって気持ちがいい!」ようやく勢いがついてきた!
「見た目が良くなった」からこそ出てくる「意見」
「良い社風を作りたい」ならば、社長は「ゆとり」を作るべし!

 

 


「スマートになって気持ちがいい!」ようやく勢いがついてきた!

 

本日は、福井県美浜町の(株)谷口工務店の「そうじの力」コンサルティング日。

毎回、谷口直利社長はじめ、全員に集まってもらって、環境整備についての研修を行っています。

 

今回は、前回から3か月ぶりの訪問。

ここのところ、同社の取り組みにも勢いがついてきたようです。

それは、玄関を入ってすぐの風景を見て、すぐに分かりました。

事務所のレイアウトが変わり、すっかりカッコ良くなっていたからです。

リフォームされた事務所

木造住宅を手掛ける同社ならではの、木を生かしたカウンターを設置。

床面も、木目のフローリングが貼られていました。

 

活動を始めた当初は、モノに溢れており、お客様を事務所内にお迎えできる雰囲気もありませんでした(↓)。

本日の全社ミーティングでは、

「スマートになって、気持ちがいい!」

と、嬉しそうに発言してくださった社員さんがいました。

 

確かに、見た目が良くなれば気分も変わり、気持ちよく仕事もできますね。

 

そのミーティングの場で、気になる発言が出てきました。

 

 


「見た目が良くなった」からこそ出てくる「意見」

 

社員さんから出てきた、「気になった発言」とは、

「見た目がきれいになったことは嬉しいけれども、いまいち、活動の詰めが甘い」

「毎回の活動が行き当たりばったり。計画性がない」。

 

不満にも聞こえるこの「意見」。

でも、このようなネガティブワードが出てくるのは、活動がうまくいっているサイン。

 

「見た目が良くなった」とは、

「雑多な場から、自分たちの力で不要なものを処分した」ということ。

つまり、「会社が抱えていた一つの問題を自主的に解決できた」ということです。

 

どんなに小さなことでも、

「自分の行動で何かを変えることができた」

という経験は、自主性の芽を育みます。

 

だからこそ、次なる問題(解決したい課題)が出てくるのです。

 

 

「リーダーミーティングは、定期的に行っていますか?」と質問すると、

「他の予定が入ったりして、定期的には行えていない」とのこと。

 

リーダーのミーティングは活動の旗振り役。

これが定期的に行われてないのですから、計画性がなく行き当たりばったりなのは、当然です。

 

ミーティングの末、

「毎週火曜日の朝に、必ずリーダーミーティングを行おう」

と決めました。

 

 


「良い社風を作りたい」ならば、社長は「ゆとり」を作るべし!

 

“そうじ”は、最初は場を整えていくことから始まります。

場を整えていくことで、ようやく組織に「ゆとり」が生まれてきます。

それは、スペースであったり、仕事内容であったり、人間関係であったり。

 

「ゆとり」が生まれて初めて、

「もっとこうしたい!」

「こんな問題を解決したい!」

という欲が出てきます。

倉庫内の巡回

 

「ゆとり」がなければ、きっと誰かが我慢だったり苦しい思いをしています。

不満を腹の底に抱えながら、仕事をしているかもしれません。

そんな状態では、健全な風土は生まれていきません。

 

さあ、社内を見まわしてみましょう。

会社に「ゆとり」を生み出す決断ができるのは、社長だけです。

 

◆あなたの会社の「「5S」「環境整備」は、なぜ会社を変えてくれないのか?
 その10の理由をお答えします!詳細こちらをチェック!(↓)

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ