2019年10月03日

常に進化・発展していく会社にするために「ゆとり」が必要な理由。

様々な会社に伺い、社内を見て回ると、

「今は使っていないけれど、いつか使えるかもしれないから」

というものが鎮座している、ということが結構あります。

それらは本当に必要なモノでしょうか?

もしかしたら、会社にとって「もっと大切なあるもの」を食いつぶしている怪物になってしまっているかもしれませんよ。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早 祥一郎です。

 

▼目次

「あたりまえ」をひっくり返せ!
モノの価値は「それを購入した価格」ではない
なぜ社内に「スペース」が必要なのか

 


「あたりまえ」をひっくり返せ!

 

香川県琴平町の(株)イシカワ。

介護用品の販売・レンタルと、介護用の住宅補修を請負う会社です。

 

“そうじ”の活動をはじめて約一年半。

事務所内や倉庫内は、ずいぶんとスッキリ整ってきました。

それでも、今よりもっと使い勝手を良くできないか、と、全員で知恵を絞っています。

 

「ここはなんとかしたい!」

という場所に手を入れる段階が終わると、燃え尽き症候群のような状態がやってきます。

 

そうなったら、次のステップへの進みどころ。

次のステップとは、

「『あたり前』になっているものをひっくり返す」

ことです。

 

みなさん、あまりイメージが沸かないようなので、問題提起をしてみました。

 

事務所兼用のショールームの端にある、ちょっとした空間。

置き物が飾ってあったりするのですが、どうも、有効活用されている感じがしません。

有効活用されていないスペース

「このスペースって、必要ですか?」と聞いてみました。

 

すると、岡野尚美社長をはじめ、社員の皆さんも、「ん?」という表情。

「確かに、そう言われてみれば・・・」。

 

職場の風景は、毎日眺めていると慣れてしまって、なかなか疑問に思えません。

でも、その中にも沢山「存在意味が明確になっていないもの」が隠れています。

だからこそ、「一見無駄なものがないように見える場所」も、一度ひっくり返してみることが必要なのです。

 

 


モノの価値は「それを購入した価格」ではない

 

このことをキッカケに、

「手狭な社内を、どうにかもっと広く使えないか」

と、検討することになりました。

 

そして、検討課題として取り上げられたのが、このテーブル。

ショールームの真ん中に置かれた足湯機

これ、実はテーブルではなく、足湯の機械。

商品として置いてあるのですが、残念ながら売れた実績はなく、そのままテーブルとして利用されることになってしまっったようです。

この大きな機械がショールームのど真ん中に鎮座しているために、社内が非常に手狭になっています。

「これって、要る?」

「要らないよね?」

「売る?」

「売れないよね?」

「これがなくなれば、ずいぶんと広くなるね」

ということで、皆さんの意見が一致したもよう。

 

この機械は高価なもののようですが、「もったいない」からといって置いておいても、価値を生み出しません。

商品として売る気がない限り、この無駄なスペースこそ「もったいない」のです。

ということで、この足湯機は処分し、スペースを作る方向で動くことになりました。

 

 


なぜ社内に「スペース」が必要なのか

 

様々な会社に伺い、社内を見て回ると、

「今は使っていないけれど、いつか使えるかもしれないから」

というものが鎮座している、ということが結構あります。

 

そういったものが、

・「これこれこういう状態になったら使用する」と決められ、周知できている

・「いつでも使用できる」ように定期的にメンテナンスされ、スタンバイ状態になっている

ならば問題はないのですが、そうではないことがほとんど。

 

そうしたものたちは、「景色」となり、会社の「スペース」つまり「ゆとり」を食いつぶしているのです。

 

「ゆとり」がないと、目の前のことに追われます。

目の前のことに追われていると、周囲の状況や先の見通しを立てることが難しくなります。

「これは正常なのか、異常なのか」を、立ち止まって考えることができません。

 

これはつまり、「従来が本来」になること。

これでは、進歩・発展はしません。

それは、この厳しい経済社会の中において、「退化」「後退」を意味します。

 

企業の目的は、

「顧客・市場からの満足を獲得し、永続的に成長し続ける過程で社会的責任を果たすこと」

そのためには、常に進化・発展していかなければなりません。

 

その種を見つけるのに有効なのが、”そうじ”なのです。

 

社内や業務に「ゆとり」をつくり、「もっとどうにかできないか?」という創意工夫の芽を育てる。

会社が、進化・発展していくための、ひとつの有効な取り組みです。

 

★「ゆとり」が会社に必要な理由とは?

 

◆あなたの会社の「5S」「環境整備」は、なぜ会社を変えてくれないのか?
 その10の理由をお答えします!詳細こちらをチェック!(↓)

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ