2019年10月03日

創意工夫をすれば、会社はもっともっと良くなる!

会社を良くするためには、さまざまな施策が必要です。

中には、事務所や工場などのハード面に限界があり、なかなか改善が進まないものもあります。

それでも、知恵を絞って創意工夫していけば、大きな設備投資などせずに、会社を良くすることもできます。

“そうじ”は、そうした創意工夫を促す格好の取り組みなのです。

今回は、そんな話題です。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早 祥一郎です。

 

「何これ?」という素朴な疑問がブレークスルーのチャンス

 

香川県琴平町の(株)イシカワ。

介護用品の販売・レンタルと、介護用の住宅補修を請負う会社です。

“そうじ”の活動をはじめて約一年半。

おかげさまで、事務所内や倉庫内は、ずいぶんとスッキリ整ってきました。

それでも、まだまだ使い勝手の良い職場空間にはなっていません。

今よりもっと使い勝手を良くできないか、と、全員で知恵を絞っています。

そこで、今回、私の方から、以前から気になっていた疑問点をぶつけてみました。

事務所兼用のショールームの端に、ちょっとした空間があり、そこに置き物が飾ってあったりするのですが、どうも、有効活用されている感じがしません。

有効活用されていないスペース

「このスペースって、必要ですか?」と聞いてみました。

すると、岡野尚美社長をはじめ、社員の皆さんも、「ん?」という表情。

「確かに、そう言われてみれば・・・」ということで、皆さん、ようやくこのスペースを有効に活用できていないことに気づいたようです。

確かに、毎日眺めていると慣れてしまって、なかなか疑問に思わない、という落とし穴があります。

だからこそ、私のような第三者が立ち会うことには、一定の意義があります。

もちろん、自分たちだけでも、こうした「第三者」の視点を養っていくことが重要です。

 

どうにかできないか?という視点で物事を見ると、アイデアが湧いてくる

 

このことをキッカケに、手狭な社内を、どうにかもっと広く使えないか、と、皆さんが検討するようになりました。

そして、検討課題として取り上げられたのが、このテーブル。

ショールームの真ん中に置かれた足湯機

これ、実はテーブルではなく、足湯の機械なのです。

商品として置いてあるのですが、残念ながら売れた実績はない、とのこと・・・。

それなのに、この大きな機械がショールームのど真ん中に鎮座ましましているために、社内が非常に手狭になっています。

「これって、要る?」「要らないよね?」

「これがなくなれば、ずいぶんと広くなるよね」

ということで、皆さんの意見が一致したもよう。

この機械は高価なもののようですが、「もったいない」からといってここに置いておいても、邪魔になるだけで、価値を生み出しません。

それこそ、この無駄なスペースが「もったいない」のです。

ということで、この足湯機を処分して、ここにスペースを作る方向で動こう、ということになりました。

 

“そうじ”は創意工夫の良いキッカケ

 

人間は元来、安きに流れる動物です。

放っておけば、「従来が本来」になり、進歩・発展しません。

それは、この厳しい経済社会の中において、「退化」「後退」を意味します。

企業人は常に、進化・発展していかなければならないわけですが、そうはいっても、なかなか日常でそのような意識を持つのは難しいもの。

でも、そうじをすることで、「どうにかここをもっと整えられないか」「もっと使い勝手を良くできないか」と探るようになります。

そこから、思わぬ発見があったりするのです。

だから、常に創意工夫し、進化・発展していくための、ひとつの有効な取り組みが、“そうじ”なのです。

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ