2019年10月10日

「信じて任せる」と「放任」は違う!社長は『枠組み』を明示すべし。

「社員に自ら考えて自ら行動できるようになって欲しい。だから環境整備は社員に任せている」。

そう仰る社長さんがいます。

「信じて任せる」ことは、とても大切なことです。

でも、環境整備で「良い会社」を作りたいならば。

社員に成長してほしいと「信じて任せる」ならば。

その際、社長が絶対にしなければならない大切なことがあります。

それは『枠組み』を明確にすることです。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早祥一郎です。

 

▼目次

「”そうじ”のやり方」は問題ではない
「目的」と「具体的な行動イメージ」を結びつけよ!
「枠組み」があるから、社員が「自分で考えて行動できる」

 


「”そうじ”のやり方」は問題ではない

 

本日は、ITサーバーの第三者保守を手がけるデータライブ(株)の「そうじの力」コンサルティング日。

毎月一回訪問し、同社の環境整備委員会に立ち会っています。

実習のようす

環境整備とは、整理、整頓、掃除をつうじて社内環境を整え、組織風土を良くしていく取り組み。

なので、実習をとおして、「整理・整頓・清掃」の具体的なやり方を委員会メンバーに伝授しています。

 

でも、「やり方」は実は問題ではありません。

課題を引き出していくことが、実習の目的です。

 

今回の実習は、営業部署や管理部署のデスク。

引き出しを開けて、

「机上をどこまで整えるか」

「何は置いてよくて」

「何は置くべきでないのか」

ということを議論しました。

 

さて、ここに「正しい答え」はあるでしょうか?

答えは「絶対的な正解などない」です。

 

机上に何もないクリアな状態の方が好きだという人もいれば、多少猥雑な雰囲気の方が集中できるという人もいます。

なので、私が「こうしなさい」と言ったことを実行することが正解なのではありません。

 

「では、整理・整頓・清掃とは、具体的に、何をどのようにどこまでやればいいんでしょうか?」

メンバーからこんな声が上がります。

 

さあ、課題が出てきました。

 

 


「目的」と「具体的な行動イメージ」を結びつけよ!

 

同社の環境整備の課題のひとつは、

「”環境整備の目的”が、”具体的な行動イメージ”と結びついていない」

ことです。

 

同社における環境整備の目的は、「気づきを高める」こと。

「環境整備によって、各人の”気づきの感度”を上げ、その感性を業務の革新に役立てよう」ということです。

でも、この目的と行動、うまくイメージとして結びつかなければ、前向きな行動にはなかなか移せません。

 

ひとつ例を挙げます。

たとえば、黒のボールペンが3本も4本もあります。

実務上は、1本でも2本でも3本でも構わないでしょう。

目くじらを立てるようなことではありません。

ペンの本数について議論する

でもここで、「気づきを高める」という目的に照らし合わせたとき。

必要な数は「1本」になります。

同じ黒のボールペンが何本もあると、1本1本に焦点が当たらなくなります。

でも1本に決めた時、もしその1本がなくなってしまったら、大騒ぎになります。

 

必要最小限にし、それを大切に扱うこと。

これが「気づきの感度を上げる」の具体的行動です。

 

でも、この「行動基準」だけでは、「社員が自主的に行動する」状態になることには、まだ足りません。

社長がやるべき大事なことがあります。

 

それは、社長の考える「枠組み」をきちんと示してあげることです。

 

 


「枠組み」があるから、社員が「自分で考えて行動できる」

 

「自分は関与しないから、環境整備は好きなように進めていいよ」

と社長が言うのは、

「信じて任せる」

こととは違います。

 

それは、交通ルールがない世界で、

「自由に車を使って好きなところへ行っていいよ」

と言うのと同じことです。

 

これだけは守るべき最低限のルールがある中での自由と、無法地帯での自由。

人が生き生きと動けるのはどちらでしょうか。

 

「社員に自分で考えて環境整備をして欲しい」。

その前提には、

「社長が責任を負える範囲内で」

という意味合いが入っているはずです。

 

つまり、それが最低限のルール、言わば「枠組み」。

 

それならば、社長がしなければならないことは、

社員が自由に動き・判断できる『枠組み』を、きちんと共有し、言語化すること

です。

 

環境整備は、社員みんなの力を借りて、社長の頭の中の『枠組み』、つまり「判断基準」や「価値感」を明確にしていく手段です。

明確にするから、社員が自分で考えて動けるようになり、向かうべき方向を合わせていけることができるようになるのです。

 

◆あなたの会社の「5S」「環境整備」は、なぜ会社を変えてくれないのか?
 その10の理由をお答えします!詳細こちらをチェック!(↓)

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ