2019年10月17日

創意工夫する風土が、社内に生まれてきた!

“そうじ”って、決して見栄えを良くするために行うものではありません。

組織風土を良くし、活気あふれる会社にすることが、目的です。

“そうじ”を続けた結果、現れる一つの効果が、「創意工夫」する力。

今回は、その好事例です。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早祥一郎です。

 

▼目次

“そうじ”の目的は、「組織風土を良くする」こと
「組織風土が良くなる流れ」とは
「続けて」「任せる」ことが、創意工夫する力を育む

 

 


“そうじ”の目的は、「組織風土を良くする」こと

 

本日は、島根県益田市のバス会社、石見交通(株)の「そうじの力」コンサルティング日。

3か月に1回訪問し、各部署から「そうじの力」リーダーに集まってもらい、環境整備の研修を行っています。

 

今回は、社長からメンバーに宿題が出されていました。

私の著書『”そうじ”をすると、なぜ会社がよくなるのか』を読んで、

・これまでの活動を振り返り

・来年度どのような活動をしたいかを発表する

というものです。

 

みなさん、かなりじっくりと本を読んでいただいたようで、しっかりと読み込まないと提起できないようなテーマを挙げてくれました。

そうじの力リーダーの発表

 

たとえば、

「『整理』という言葉が本当に意味することは、『大切なものを明確にし、絞ること』」

という内容から、

「来年度は『業務そのものの整理』に踏み込みたい」

という部署。

 

あるいは、

「一人でやらずに複数人でやることが大事」

という内容から、

「工場の各人の工具ボックスの中身を、月に1回、全員で見せ合いっこしながら、整理をする」

という部署。

 

また、「”そうじ”を通じてバスの車内事故を減らしていく」という方針を立てた部署。

 

6年前、「モノに溢れごちゃごちゃした会社をなんとかしよう」と始まった活動。

今ではすっかり「より良い会社にしていくためには何をするべきか」と、各人が自主的に考えるベースとなっています。

 

そうです。

「そうじの力」は、決して「見た目を良くするために行う活動」ではありません。

 

その目的は、

「各人が持てる力を発揮でき」

「互いに気持ちよく仕事ができる」

ようにすること。

見た目が良くなることは、結果にすぎません。

 

 


「組織風土が良くなる流れ」とは

 

ある部署が、中でも印象的な発表をしてくれました。

「活動を振り返ってわかったこと」というテーマでした。

 

①ひとりで行動しない

  ↓

②楽しく活動する

  ↓

③部署を超えて全員共同で何かをする事の大切さ

  ↓

④こうした活動をしてグループとしての一体感が生まれた

  ↓

⑤コミュニケーションが生まれた

  ↓

⑥積極性も出てきて視点も変わってきた

  ↓

⑦目の届かなかったところに目がいくようになり、違う観点が見れるようになった

  ↓

⑧会社の雰囲気が明るくなり、グループ全体の風土が良くなった。

 

実によく、「そうじの力」の本質をとらえています。

このように活動を行っている限り、間違いなく、組織の風土は良くなるでしょう。

 

 


「続けて」「任せる」ことが、創意工夫する力を育む

 

もちろん、どんな会社でも、こんなにスムーズな流れで、スマートに変化していくとは限りません。

潜在的な問題が表面化したり、混乱が起きたりすることもあるでしょう。

でも、社長が、そういったことを受け止め、あくまでも“そうじ”を続け、信じて任せること。

そうすれば、いつの間にか、社員の間に自主性が育ち、創意工夫する力が生まれてくるのです。

 

石見交通(株)においても、小河英樹社長が、“そうじ”を続ける方針を一貫して変えず、社員を信じて任せているからこそ、こうした変化が生まれてきているのです。

 

 

◆あなたの会社の「5S」「環境整備」は、なぜ会社を変えてくれないのか?
 その10の理由をお答えします!詳細こちらをチェック!(↓)

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ