2019年11月05日

理念を浸透させるには…?大切にしたいのは「理念」か「目先の売上」か。

社内外に向けて掲げている経営理念や経営方針。

社内に浸透しているでしょうか?

掲げるだけで浸透すれば、苦労はいりません。

理念や方針を浸透させるためには、不断の努力が必要です。

これもひとつの“そうじ”と言えるかもしれません。

今回は、そんな話題です。

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早 祥一郎です。

 

▼目次

「環境整備、うまくいかない」は、うまくいっている証拠
理念?目先の売上?どっちが大事?
“そうじ”は、組織のベクトル合わせの第一歩

 


「環境整備、うまくいかない」は、うまくいっている証拠

 

本日は、香川県琴平町の(株)イシカワの「そうじの力」コンサルティング日。

毎月1回訪問して、全員参加で環境整備の研修会を行っています。

 

ここ最近の活動状況は、「少し停滞気味」とのこと。

「予定していた活動日に仕事が入り、全員が揃うことがない」というのが、主な原因のようです。

 

同社では、「先約優先」を会社の大きな方針に掲げて、業務に当たっています。

コトの軽重に関わらず、先に交わした約束を優先する。

だから本来は、研修や会議、活動が予定されている時に、後から仕事を入れてはいけないのです。

 

でも、実際には、そういったことが頻繁に起きています。

今回の研修会では、いよいよそのことを全員で考えることに。

 

こうして問題点が表面化することは、決して悪いことではありません。

これは、いわば「膿出し」。

だから、うまくいかないことが起こったら、”そうじ”がうまくできている証拠なのです。

 

 


理念?目先の売上?どっちが大事?

 

同社は、介護用品の販売やレンタル、そして介護用の住宅改修を生業としています。

お客様と関わる際には、ケアマネージャーや介護福祉士など、複数の関係者と顔を合わせる必要があります。

そうした関係者が集まる会議は、日程調整が大変です。

 

特に、新規の契約の場合。

会議の日程があらかじめ決められていて、そこに参加するよう要請されます。

そのため、なかなかこちらの都合が反映されないこともあるとか。

 

会社方針である「先約優先」を守ろうとすれば、新規契約を逃し、新規契約を取ろうとすれば、会社方針に反してしまう。

営業社員たちは板挟みになり、大いに悩んでいます。

 

そこで、あらためて、全員で、そのことについて、本音で議論してもらいました。

 

・「先約優先」がなぜ我が社にとって大切なのか?

・新規を逃すことは、個人の営業成績に、どのような影響を及ぼすのか?

・経営的観点から、「先約優先」を選ぶのか、新規獲得を選ぶのか?

 

社長と社員、事務員からパートさんまで混じって、大いに本音をぶつけてもらいました。

全員で本音の話し合い

 

熱い話し合いから導き出された結論は、

・会社方針である「先約優先」を最大限に尊重し、各人が予定を調整する。

・しかし、どうしても迷う場合には、社長に相談し、社長の下した判断には従う。

というものでした。

 

 


“そうじ”は、組織のベクトル合わせの第一歩

 

大事なのは、こうした過程を経て、「組織としてのベクトル」を合わせることです。

 

人間の行動や企業活動は、きれいごとでは成り立ちません。

放っておけば、安きに流れるのが、人の常です。

だからこそ、現状を把握し、軌道修正するために、さまざまなプロセスを経る必要があります。

その際に、掃除が大きな役割を果たします。

掃除をすると、水面下に隠れている問題が明らかになります。

それに向き合い、解決のために全員で知恵を絞ることで、組織風土が変わり、会社が良くなっていきます。

そうしたプロセスこそが、私たちの提唱する「本質を明らかにし、究める」こと、つまり、“そうじ”なのです。

(株)イシカワにおいても、こうしたプロセスを繰り返していくことで、少しずつ少しずつ、ベクトルが合ってきています。

 

◆あなたの会社の「5S」「環境整備」は、なぜ会社を変えてくれないのか?
 その10の理由をお答えします!詳細こちらをチェック!(↓)

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ