2019年11月19日

リーダーたちの「自責」の姿勢が高まってきた!

本日は、香川県高松市で自動車整備工場を経営する、野崎自動車(株)の「そうじの力」コンサルティング日。

毎月1回私が訪問して、5拠点の工場から各工場長が集まり、環境整備についての研修を行っています。

研修のようす

全社をあげて、「整理、整頓、清掃」に取り組んでいるわけですが、その目的は、工場をキレイにしよう、ということではありません。

「フィロソフィーの血肉化」が、同社における環境整備の目的です。

同社は、稲盛和夫さんの主宰される盛和塾に入っており、社内に「フィロソフィー」を掲げています。

ですが、そのフィロソフィーを唱えるだけでは、なかなか浸透は難しいものです。

だから、環境整備という「実践」をつうじて、血肉化しよう、ということなのです。

たとえば、フィロソフィーの一項目に、「完全主義を目指す」というのがあります。

工場において、エンジンクーラント、つまり冷却液が、どうしても蛇口から垂れてしまう、という事象がありました。

もちろん、その下にある床面は、濡れてしまいます。

これを、「垂れるのだから、仕方がない」と放置しておいては、「完全主義」ではありません。

ある工場では、垂れるところに古い軍手を置いていました。

「これならば、床面も濡れないし、軍手の再利用にもなる」と。

でも、軍手の本来の使用方法からは、外れていますよね。

やっぱり、「完全主義」ではありません。

そこで、いろいろと話し合った結果、床面に吸着マットを敷くことにしました。

クーラント漏れの現場を確認する

まだテスト段階ですが、現場を見てみる限り、うまく機能しているようです。

このように、身体を動かす実践があって、はじめて、フィロソフィーという概念が現実のものになっていくのす。

 

こんなふうにして、社内がどのように変わってきたのか。

野崎社長は、こんなふうに言っています。

「ここのところ、工場長たちが、『自責』になってきた。以前ならば、『それは自分の責任ではない』という感じだったが、その姿勢が変わってきた」と。

環境整備という実践をつうじて、じょじょにフィロソフィーが血肉化しているようです。

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ