2019年11月26日

環境整備は「気づき」を高める

本日は、大阪府枚方市で2つのテニススクールを運営する、(株)TOYBOXの「そうじの力」コンサルティング日。

2~3か月に1回、私が訪問し、社員の皆さんを集めて、環境整備についての研修を行っています。

今回は、8月以来の3か月ぶりの研修。

まずは、この3か月間に取り組んだことを報告してもらい、「何がどの程度進んだのか」「何がどう出来なかったのか」を振り返ってもらいます。

その中で、各人が、手が空いた時に、整理や整頓を進めている、という報告がありました。

実際、現場を回ってみると、ハサミやリモコンなどが細かく定位置化されていて、ずいぶんと進んだなあ、という印象を受けました。

もちろんその一方で、課題もあります。

私はいつも、こうして企業研修で現場巡回をするときに、「ここに気づいて欲しい」というポイントを指摘します。

たとえば、掲示物が傾いているとか。

あるいは、椅子の裏側が汚れているとか。

それは、こうした細かいところに気づく感性が、仕事を進めるうえでもとても大事なことだからです。

そこでさっそく、皆さんで、椅子の脚の裏側の掃除の実習をしてもらいました。

椅子の足裏の掃除実習

で、じゃあ、こうした汚れや乱れに気づくためには、どうしたらいいかというと、一番いいのは、皆さんで集まる時間を確保して、皆で一斉に掃除をすることです。

今回の研修が、まさにこれに当たります。

聞いてみると、やはり、ここのところ、個別での活動はできていたものの、皆が集まってする活動はできていなかった、とのこと。

今後は、私の研修のとき以外でも、定期的に皆さんで集まり、こうして掃除をする機会を設けるよう、アドバイスしました。

こうやって皆で集まって環境整備を行うことを通じて、それぞれの「気づき」の感度を高めていくのです。

次回に訪問するまでに、どのくらい皆さんで集まる機会があるか、そして、皆さんの気づきの感度がどのくらい上がるか、楽しみです。

研修参加者の集合写真

最後は、いつもどおり、皆さんで集合写真を撮って、次回までの決意を新たにして、今回の研修を終えました。

 

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ