2019年12月02日

固定概念を取り払う

本日は、埼玉県羽生市の小暮ゴム(株)の「そうじの力」コンサルティング日。

毎月1回私が訪問し、リーダークラス社員を集めて、環境整備についての研修を行っています。

毎回、それぞれの持ち場に関して宿題を出し、それをこなして報告してもらっています。

たとえば事務所ならば、書類の整理を、現場ならば、工具や予備部品、資材などの整理を、少しずつ進めてもらっています。

おかげ様で、だいぶスッキリしてきました。

無駄なモノがなくなり、工場内も広くなってきました。

それぞれのリーダーも、いろいろと創意工夫してくれているようです。

毎回の研修では、必ず参加者全員で現場を巡回します。

もちろん、小暮社長も一緒です。

改善が進んだ点については、皆で認め、褒め、不十分な点や新たな課題については、私的や指示が飛びます。

今回、現場巡回の中で話題になったのが、試験室のテーブル。

試験室の現場巡回

このテーブルに載せていた書類を整理して、物量を減らしました、という報告が担当者からあったからです。

なるほど見てみると、以前に比べて、書類が減っています。

ここまでは良し。

しかし、私の目から見ると、まだテーブルの上に邪魔なものがたくさんあります。

そもそも、ここに書類を置いておく必要があるのでしょうか?

聞いてみると、その必要はない、とのこと。

で、その場で、書類やトレーを取り除いてみました。

すると、大きなスペースが空きました。

ついでに、テーブルの真ん中に「デンっ」と鎮座している機械について、この場所である必然性を尋ねてみました。

すると、やはり、そこでなければならない理由はない、とのこと。

それじゃあ、ということで、その機械を、テーブルの端に移動してもらいました。

すると、ようやく、テーブルが広々とし、作業がしやすい空間が生まれたのです。

そんなことをしているうちに、社長やその他のメンバーから、

「この敷いてあるシートは必要なのか?」

「この敷いてあるゴムマットは、これでないといけないのか?」

というような質問がバンバン飛びます。

結果としては、どれ一つとっても、「それでなければいけない」ということはないらしく、要するに、「これまでがそうだったので、そうしている」ということのようです。

そこで、とにかくそれらを全部取り払って、一番理想の状態にしてみよう、ということになりました。

テーブルの上には、何も置かず、ステンレスの板を載せよう、ということで話がまとまりました。

今回のミソは、「固定概念を取り払う」ということです。

どうしても人間は、先入観や固定概念に縛られてしまいます。

でも実は、それらを取り払ったところに、最適解があることが多いのです。

環境整備で、置いてあるものをいったん全部出したり、モノを捨てたり、モノの位置を出したりするのは、「固定概念を取り払う」とても良いチャンスなのです。

研修のまとめに、参加者の皆さんに、「固定概念を取り払って、白紙の状態で、身の回りを見直してみましょう!」と呼びかけました。

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ