2019年11月28日

社長が一緒にやらないと、環境整備をしても会社が変わらない理由。

私は支援先の企業で”そうじ”(=環境整備)を指導する際、常々、

「社長が社員と一緒にやってくださいね」

とお願いしています。

それは、

「社長が一緒に環境整備をやると成功し、一緒にやらないと失敗する」

という経験則があるからです。

 

でも、実は多くの社長が、「一緒にやる」ことをしません。

「社長が一緒にやる」というのは、どのようなことなのでしょうか。

社長が一緒にやると、どんな効果があるのでしょうか?

なぜ社長が一緒にやると環境整備は成功し、一緒にやらないと失敗するのでしょうか?

 

こんにちは。

そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研修会社 株式会社そうじの力

代表取締役・組織変革プロデューサーの小早祥一郎です。

 

▼目次

「社長が一緒にやる」とはどのようなことか?

「社長自身が一緒に取り組む」ことは、一番の大義名分
 “そうじ”は、一般の業務とは質が異なる
 「一緒にやる」ことは、社員に「我が社が大切にしていること」を伝えるメッセージ

社長が一緒に”そうじ”をすると現れる3つの効果
 ①お互いの距離が縮まる
 ②仲間意識が生まれる
 ③社長自身に沢山の「気づき」をもたらしてくれる

まとめ

 

 


「社長が一緒にやる」とはどのようなことか?

 

「社長が社員と一緒に”そうじ”をする」とは、どういうことでしょうか。

「一緒にやる」というのには、いろいろなスタイルがあります。

 

(1)社長が社員と一緒になって、手を汚し、汗を流す

什器を移動させたり、床を掃いたり、テーブルを拭いたり、機械を磨いたり…。

いわば、社長も一兵卒になって、手足を動かす、というもの。

 

(2)社員が汗を流している現場に顔を出し、鼓舞し、叱咤激励する

「ほとんど会社にいない」「時間を合わせることが難しい」という社長がとるスタイルです。

実際にともに汗を流すことはなくても、時に褒め、時に叱る。

いわば「心を向ける」というもの。

 

(3)社員と一緒にはやらないが、社長自身は独自に掃除に取り組む

社長が毎日、トイレ掃除を黙々と続けている、というようなスタイルです。

 

この中で、(1)のスタイルがベストなのは、いうまでもありません。

「一緒にやる」といえば、「一緒に汗を流すこと」です。

空間と時間を共に過ごすことで、言語化されていなかったものに気が付くことも多々あります。

ただ、それぞれの社長のカラーや諸事情もあるでしょうから、(2)や(3)のスタイルでも構わないでしょう。

 

問題は、上記の(1)(2)(3)のいずれも当てはまらないケース。

 

例えば、社長が社員に対して「掃除をしなさい」と命令するものの、社長自身はまったく動かないというようなケース。

「完全に任せて、口を出さない」

というスタンスならまだしも、たまに現場を見ては、

「ここが汚れている」

「あれが乱れている」

と社員を叱りつけるような状態は、「最悪」と言っても良いでしょう。

 

 


「社長自身が一緒に取り組む」ことは、一番の大義名分

 

“そうじ”は、一般の業務とは質が異なる

 

そういう社長さんの多くが仰るのは

「社長と社員の役割は違う」

というお言葉。

 

もちろん、社長と社員の役割は違います。

社長が社員と同じことをやっていたら、その会社はつぶれます。

 

でもそれは、一般の業務(仕事)のこと。

“そうじ”は、一般の業務とは全く質が違うものです。

 

製造業では、モノを作るのが仕事です。

小売業ならば、モノを売るのが仕事です。

サービス業ならば、何らかのサービスを提供するのが仕事です。

それらを遂行するために、経営者は経営者の立場で汗をかき、社員は社員の立場で汗をかくのです。

 

でも、”そうじ”は、やったところで売上が上がるわけではありません。

やらないとしても、特別に困ることもありません。

 

それでも、長い目で見ると、

 ・安全性が高まる

 ・生産性が高まる

 ・社内の快適性が高まる

 ・個々人の自主性が育つ

 ・創意工夫する力がつく

 ・互いに協力する風土が生まれる

このように、結果「社風がよくなる」ことは間違いありません。

 

 

「一緒にやる」ことは、社員に「我が社が大切にしていること」を伝えるメッセージ

 

ビジネスパーソンであれば、仕事を「重要度」と「緊急度」のマトリクスに当てはめ、優先順位をつけてこなしていることでしょう。

 

このマトリクスに当てはめてみると、“そうじ”は、

「緊急ではないけれど、重要度が高い取り組み」

の最たるものに位置します。

 

 

こうした、

「緊急ではないけれど、重要な取り組み」

を全社として推進するためには、大義名分が必要になります。

 

社員にとっての命題は、利益を伸ばすことや、期限に間に合わせることです。

それが、評価や待遇に直結することだからです。

 

そんな社員にとって、

「”そうじ”に取り組もう」

という言葉だけでは、

「この忙しいのに、やってられない」

「今日、この仕事をしたほうが売上が上がる」

と、社長の考える意義を伝えることは難しいでしょう。

 

大義名分を掲げる方法は、理念を明確化したり、目標を決めたりと、いろいろありますが、

「社長自身が一緒に取り組む」

ことは、一番の大義名分となります。

 

なぜならば、それは、

「社長が言っていること(理念・目的)とやっていることを合致させる行為」

だからです。

 

もし傍らで、

「この取り組みは、我が社にとって最重要な取り組みなんだ」

と、社長が一緒に掃除をしているとしたら、社員はやらないわけにはいかないでしょう。

 

そして何より、社員の何倍も忙しいはずの社長が一緒に取り組むことは、

「環境整備は、すぐに売上が上がるものではないけれど、重要な取り組みなのだ」

と社員に投げかけるメッセージとなるはずです。

 

 


社長が一緒に”そうじ”をすると現れる3つの効果

 

それでは、具体的に、社長が社員と一緒に”そうじ”をすると、どんな効果があるのでしょうか?

単に「キレイになった達成感」を共に味わえるというだけではありません。

 

①お互いの距離が縮まる

 

社長が社員と一緒になって”そうじ”に取り組めば、まず社長と社員の距離が縮まります

 

実は私たちは、普段、会話をしているようで、意外にしていません。

業務上、必要な会話しかしていないのです。

極めて事務的です。

 

でも組織には、適度な雑談も必要です。

雑談は新たな発想を生み出したり、人間関係を円滑にする役割を持ちます。

 

しかしながら、

「雑談は大事」

と思ってはいても、お互いに仕事の領域が被らない社長と社員では、雑談の機会をとるのも難しいこと。

 

“そうじ”を一緒にする時間は、何を話そうがOKな時間です。

むしろ、じっくり向かい合わずに話をするからこそ、雑談が生きてくる時間でもあります。

 

床を一緒に磨きながら、何気なく交わす会話の中で、互いに、

 ・プライベートなこと(家庭のことや趣味のこと)

 ・どんなことを考えているのか(価値観)

 ・どんな心配事があるのか

といったことが分かることがあります。

 

 

②仲間意識が生まれる

 

「○○をキレイにする」という共通の目標に向けて、一緒に汗を流すことで、一体感が生まれます。

仲間意識が生まれるのです。

 

一般的に経営者と従業員の間には高い壁がありますが、その壁が低くなる、と表現してもいいでしょう。

なぜならば、”そうじ”は「同じ行為を、フラットな立ち位置で行う取り組み」だからです。

 

よく「同じ釜の飯を食った仲間」といいますが、一緒に掃除をすることは、まさに「同じ釜の飯を食った仲間」という感覚を生みます。

 

 

③社長自身に沢山の「気づき」をもたらしてくれる

 

なによりのメリットは、社長自身にたくさんの気づきがある、ということです。

 

たとえば、社員と一緒に床を磨いていたとします。

すると、床面がはげていたり陥没していたりすることに気づき、

「ああ、この建物もだいぶ老朽化しているな」

ということが分かるかも知れません。

 

あるいは、社員と一緒に、倉庫の中身の整理・整頓をしながら、

「管理職が倉庫の中身を把握できていない」

ということに気づいたり、

「社内で在庫の管理がうまくいっていない」

ということが分かったりするかも知れません。

 

また、社員たちが掃除をしている中に混じると、

「Aさんはリーダーシップがあるな」

「Bさんは協調性に欠けるけれど、一つのことに集中できる力があるな」

というような、

「書面で見た人事評価だけではわからない」

ようなことに気づくかもしれません。

 

実はこういうことは、社長が「経営者」としての仕事をしている中では、なかなか気づきにくいことなのです。

こうした、「社員と一緒に”そうじ”をする」中での気づきを、経営に生かし、会社の変革に成功している社長が、たくさんいます

 

 


まとめ

「経営者と従業員の役割は違う」

という社長さんに申し上げたいのは、

「だからこそ、”そうじ”だけは、一緒にやってください」

ということ。

 

それは、上述したとおり

「一緒にやることで、経営者だけにしか見えないことが見えてくる」

からなのです。

 

せっかく環境整備に取り組むのであれば、「失敗するやり方」ではなく、「成功するやり方」で取り組んでいただきたいと思います。

 

◆あなたの会社の「5S」「環境整備」は、なぜ会社を変えてくれないのか?
 その10の理由をお答えします!詳細こちらをチェック!(↓)

◆各種お問い合わせはこちらよりどうぞ

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ