2019年12月17日

過酷な環境でも、できることはある!

本日は、岐阜県の鋳造業、(株)マツバラの「そうじの力」コンサルティング日。

毎月1回訪問し、工場内を巡回し、環境整備の実践状況をチェックし、より良くするためのアドバイスをしています。

鋳造業というのは、鉄の原材料を1500~1600度Cに熱して溶かし、それを鋳型に流し込んで鉄製品を作ります。

粉塵と火花の舞い散る鋳造工場

鋳型は砂でできているため、製造工程で大量の粉塵が発生します。

だから、工場内は粉塵だらけ。

いくら掃いても掃いてもキリがありません。

それでも社員さんたちは、禅寺の修行僧よろしく、ひたすら掃きつづけます。

ただ残念ながら、粉塵ゼロ、というわけにはいきません。

ある意味、業界の宿命として、ある程度の粉塵は受け入れざるをえません。

そんな過酷な環境ですが、それでも、場を磨く方法はあります。

そのひとつが、「定位置化」です。

決められたものを決められた場所に決められたように置くこと。

たとえば、この写真。

鉄ヤスリの定位置化

鉄ヤスリを、オリジナルの鞘(さや)を作って、そこに差せるようにして定位置化しています。

これって、なかなか秀逸なアイデアです。

定位置化といっても、単に見栄え良く置くだけではダメです。

使いやすい位置に、戻りやすいように工夫するのです。

こうすれば、取り出しやすく、戻しやすく、結果として作業効率が上がり、ミスも少なくなります。

粉塵の舞う過酷な鋳造工場でも、こういう工夫をしていけば、場は磨かれるのです。

で、実際、工場の床面も光っています。

光る床面

社員さんたちの努力に、頭が下がります。

努力と工夫を育てるのも、環境整備の大きな役目です。

 

株式会社マツバラのホームページは、こちらをご覧ください。

 

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ