2020年02月10日

皆で一緒に汗を流せば、一体感が強まる!

本日は、某不動産会社の「そうじの力」コンサルティング日。

今回が初回の研修でした。

いつも申し上げていることですが、成功するそうじのコツは、

まず、「整理⇒整頓⇒清掃」の順序でやること。

そして、「見えない所」からやること。

さらに、「一人でやらずに皆でやる」こと、です。

今回は初回ということで、特に、上記の3つのコツを体感してほしいと思い、事務所の倉庫に眠っている書類を、研修参加者全員で、整理をしてもらうことにしました。

やってみると、かなりの量の書類が出てきました。

整理のようす

倉庫というバックヤードには、どうしても不要なものが溜まります。

これら不要物をそのままにして、職場環境を整えることはできません。

また、こうした「見えない所」の不具合に気づくことが、「気づき」の感度を高めていきます。

そして、皆でやることで、会話が生まれ、普段はなかなか取ることのできないコミュニケーションを取ることができるのです。

実際、今回の実習で、社長をはじめ、皆さんが、現状をしっかりと把握でき、いつにないコミュニケーションが取れたようです。

そう、企業における”そうじ”の活動とは、決して「キレイにする」ための活動ではありません。

活動をつうじて、皆さんの「気づき」の力が高まり、チームワークが育まれる活動なのです。

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ