2020年02月26日

改善が進めば、働く人たちも嬉しい【そうじの力で組織風土改革】

本日は、兵庫県丹波市の(株)森田石材店の「そうじの力」コンサルティング日。

毎月1回訪問し、経営陣およびリーダー社員を集めて、環境整備の研修を行っています。

石材店といっても、課題は多岐にわたります。

石材を加工する工場はもちろんのこと、石材を据え付ける現場、事務所、販売の店舗、葬儀場などなど。

それぞれの部署が、部内でコミュニケーションを取りながら、整理・整頓・清掃を進めています。

おかげさまで、社内がずいぶんと整ってきました。

特に、ここのところ、工場内の進歩が著しいです。

たとえば、下の写真。

グラインダーの定位置化

グラインダーを定位置化したところです。

これまでは、あちこちに無造作に置かれていたものですが、こうして定位置化すれば、作業もしやすく、安全性も高まり、見た目もカッコイイです。

そしてこちらは、研磨機のパッドです。

研磨パッド

こうすることで、研磨する際の気持ちまで、「ピシッ」としてきますね。

別にこれらは、私がこうしなさい、ああしなさい、と指示したわけではありません。

現場の皆さんが、自分たちで、どうするのがいいか話し合い、知恵を出し合って、こうなったものです。

実際にこうして場が整ってくれば、働きやすくなるわけですから、働く人も嬉しくなりますね。

毎回の研修では、現場を歩きながら、改善の進んだところと課題点を確認していきます。

現場巡回のようす

こんなふうに改善が進んでくると、現場の巡回も、楽しくなります。

今後も、どんどん改善が進んでいくことでしょう。

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ