2020年05月19日

そうじにどのくらいの時間と労力をかけるべきか?【そうじの力で組織風土改革】

そうじに取り組んで会社を良くしていこう!と決意したならば、次に悩むのは、

「いったいどのくらいの時間や労力をそうじにかけるべきだろうか?」

ということではないでしょうか。

唯一絶対の正解はない、というのが答えになるのですが、よりどころとすべき考え方はあります。

今回は、その基本的な考え方をお伝えしていきます。

 

そうじは基礎体力づくり

昭和の教育哲学者である森信三先生は、「再建の3大原理」として、次の三つを挙げられました。

 ・時を守り

 ・場を清め

 ・礼を正す

荒れた学校や業績の思わしくない企業を立て直すには、まず上記3つのことをしなさい、と説いたのです。

 

非常に基本的で当たり前のことではありますが、実は世の中では、こうした当たり前のことができていないために、物事がうまくいかないことが多いのです。

 

プロスポーツ選手でも、一流選手ほど、基礎練習を大切にするといいます。

してみると、そうじは企業経営にとって、業績を上げるための基礎体力づくり、と言えると思います。

 

最終的に売上を立てて利益を生み出すのは、商品であったりサービスであったりするわけですが、それを支える基礎体力とは、まさに上記3つのことでしょう。

たまたまヒット商品やユニークなサービスが当たって、一時的に売上が上がることもあるでしょうが、基礎体力がなければ、長期にわたって安定的な業績は残せないと思います。

 

「一日一回」が基本

そうじが基礎体力づくりであると考えれば、それを行うタイミングもおのずと決まってきます。

まず、毎日行うことが必要です。

筋トレは、たまに行ってもあまり意味はありませんが、少しずつでも毎日行うことで、効果が出てきます。

そうじも同じです。

 

たとえば毎日床磨きを行うことで、「常にキレイに保とう」というマインドが生まれ、「気づき」の感度が上がり、「続ける」忍耐力が養われます。

毎朝の床磨き

一方で、毎日の中だけでは、なかなかカバーできないものもあります。

スポーツのトレーニングでも、場所や器具、指導者が必要なものは、一週間に一回など、定期的に行うでしょう。

そうじにおいても、溜まった不要物の整理や、バックヤードの大掛かりな清掃などは、毎日の中ではできません。

一週間に一回とか月に数回の「強化活動日」に行うことになるでしょう。

 

このようにして、「毎日」と「定期的」を組み合わせて行うのがベストです。

 

本業ではないが、欠かすこともできない

では、「毎日」と「定期的」、具体的にどのくらいの時間をかければよいのでしょうか?

まず押さえていただきたいのは、上述したとおりそうじは、本業ではないものの、欠かすこともできないことだ、ということです。

 

たとえば、プロ野球選手を思い浮かべてください。

彼らにとっては、ペナントレースの試合が「本業」になります。

ここでしっかりとした成績を残すことが、彼らの最大の使命です。

 

かといって、試合だけしていればいいというわけではありません。

やはり日々のトレーニングも欠かすことはできないのです。

 

もちろん、試合に差しさわりが出るほどのトレーニングは禁物でしょう。

試合に影響の出ない範囲で、しかしながら、しっかりと自力がつくような分量のトレーニングを実践していく。

 

これをビジネスに置き換えるならば、商談や商品開発、サービス提供といった「本業」に差しさわりのない範囲で、しかし、しっかりとそうじに取り組む。

 

スポーツ選手の場合、試合とトレーニングの割合は、どのくらいでしょうか?

8:2くらいでしょうか?9:1くらいでしょうか?

 

私たち企業人が、そうじにどのくらいの時間や労力をかけるかを考える際に、こうしたことが参考になるのではないでしょうか。

 

計画的な実行が効果的

さて、スポーツ選手のトレーニングと同様に、企業におけるそうじも、ただやみくもに行うのではなく、計画的に行うことが、効果を上げるために有益です。

 

おそらくスポーツ選手ならば、

 「毎日○○トレーニングを行う」

 「水曜日と土曜日は△△トレーニングを行う」

 「夏場は◇◇トレーニングを行い、冬場は◆◆トレーニングを行う」

というようなスケジュールを立てて実行していることでしょう。

 

そうじも、まったく同じです。

毎日行うことと、一週間に一回行うこと、そして、季節ごとに行うことを計画に落としこむのです。

年間活動計画書

最近はスポーツの世界でも「科学的トレーニング」などと言われますが、これも「科学的そうじ」と呼べるでしょう。

 

それから、スポーツのトレーニングにおいては、

 ・専属トレーナーと契約して、指導を受ける

 ・専用のトレーニング機器を購入またはレンタルして、効果的なトレーニングをする

ということもあります。

これらは、お金がかかることではありますが、一流の選手ほど、こういうことにしっかりとお金を投入しますね。

 

同様に、そうじにおいても、それなりにお金をかけることも必要です。

たとえば、

 ・不要なモノが大量に出そうな場合、処分業者に依頼する

 ・そうじ道具や収納する場所についても、良いものを用意する

 ・環境整備専門の指導者を招いて指導を仰ぐ

このようなことが、結局は、良い活動を継続していく力になります。

将来に対する投資だという視点で、しっかりと拠出しましょう。

 

まとめ

最終的には、

「経営者がどこまで、社内の環境整備を経営課題としてとらえるか」

その思い次第、ということになります。

 

キーとなるのは、いかに長期的な視野が持てるか、ということです。

目の前の売上を上げるためには、そうじなどせず、営業に走り回ったほうがいいです。

しかし、そこでトレーニング(そうじ)を怠ったツケは、半年後、一年後、三年後に、形となって表れることでしょう。

 

ですから経営者の皆さんには、しっかりと肚を据えて、そうじに充てると決めた時間や労力、お金を、着実に投入していっていただきたいと思います。

 

 

★本記事について、書籍でさらに詳しく解説しております。

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ