2020年05月27日

車のそうじをすれば、事故は減る【そうじの力で組織風土改革】

車を使ってお仕事をされている方も多いと思います。

運輸・物流業はもちろんのこと、建設業でも車を使う場面は多いでしょう。

車で営業に回ることもあるでしょうし、飲食業においても、デリバリーなどで車を使うケースも増えてきているようです。

こうした、車を使う仕事において、一番気がかりなのは、交通事故でしょう。

交通事故防止のために、安全運転の励行を呼びかけている会社は多いと思います。

ただ、そうした呼びかけが、実際に功を奏しているでしょうか?

実は、交通事故を減らす、一番簡単で確実な方法は、車をキレイにすることなのです。

私も、たくさんのクライアントさんのお手伝いをしてきましたが、車をキレイにする活動を始めた途端に、事故が激減した、という報告を数多くいただいています。

なぜ車がキレイだと事故が少ないのか?

因果関係を科学的に証明することは難しいかもしれません。

ただ逆に、事故を起こす車に汚いことが多い、というのは、実は警察関係者の間では定評になっているそうです。

事故を起こす車は、たいてい、車の中に余計なものがごちゃごちゃ載っていて、ボディも汚れていることが多いのだそうです。

私たち人間と周囲の環境は、相互に共鳴し合っていますから、汚い車は乱暴な運転を招き、キレイな車は丁寧な運転を促すのでしょう。

今回は、事故を減らすための、「車をキレイにする方法」について解説していきます。

 

目次

①駐車位置を整える

 ①-1 斜めでなく真っ直ぐに停める

 ①-2 向きを揃える

 ①-3 左右の間隔を均等に

 ①-4 鼻かお尻を揃える

②タイヤを真っすぐにする

③車内に余計なものを載せない

 ③-1 荷室に余計なものを載せない

 ③-2 キャビンに余計なものを載せない

 ③-3 グローブボックスに余計なものを入れない

 ③-4 ダッシュボードに物を置かない

④奥や裏までしっかりとそうじする

 ④-1 そうじ道具の説明

 ④-2 車内のそうじ

 ④-3 ホイールのそうじ

 ④-4 ボディのそうじ

 ④-5 エンジンルーム内のそうじ

⑤まとめ

 

①駐車位置を整える

①-1 斜めでなく真っ直ぐに停める

車を停めるときに、駐車場のラインを無視して、斜めに停める人がいます。

わざとそうしている人はあまりいないでしょうが、無意識のうちにやっているのだと思います。

そうではなく、駐車場のラインに平行に停めましょう。

駐車位置

もちろん、ラインを跨いだり踏んだりするのは論外です。

ラインの中に納まるように駐車しましょう。

実は、普段から訓練していないと、意外に真っ直ぐに停められないものです。

 

①-2 向きを揃える

複数の車を停める際に、向きがバラバラのことがあります。

ある車は前向きで、別の車は後ろ向き、というように。

向きバラバラ

そうではなく、どちらかに統一して、全車同じ向きに停めるようにしましょう。

前向きが良いのか、後ろ向きが良いのか、それは、それぞれの状況によります。

植え込みなどがある場合には、排ガスで花を枯らさないように、前向きに停めるのが良いかもしれません。

あるいは、隣接して民家がある場合には、ライトを照らして迷惑にならないように、後ろ向きにするのが得策かもしれません。

いずれにしても大事なのは、どちら向きにするのか、会社として統一する、ということです。

 

①-3 左右の間隔を均等に

ラインに平行に停めたとしても、左か右に寄っている場合があります。

右側は50cmくらい空いているのに、左側は5cmくらいだったりするのです。

左右の間隔を均等に

そうではなく、左右の間隔を均等にして停めるようにしましょう。

そうしないと、隣に停める人が困ってしまいます。

 

①-4 鼻かお尻を揃える

向きを統一し、ラインに平行に、左右の間隔を均等に停めたら、最後の仕上げで、車の鼻もしくはお尻を揃えましょう。

なぜそんなことをするのか?

実際にやってみて、比較してみれば、すぐにわかります。

お尻が揃っていない

上の写真のように、お尻がバラバラの場合と、

お尻が揃っている

このようにお尻が一直線に揃っている場合。

どちらに好印象を持たれるでしょうか?

当然、揃っている方ですよね。

こうしたことをするのは、けっこう面倒です。

でも、こうした面倒な作業をすることで、気持ちを整えることができます。

普段からこうした訓練をしていれば、走行中も、センターラインを越えたり、交差点で停止線を越えたりといったことを、しないように心がけるでしょう。

 

②タイヤを真っすぐにする

駐車をする時に、タイヤを曲げたまま停める人がいます。

タイヤ曲がり

このことを、さほど気にしない人が多いようです。

そうではなく、タイヤを真っ直ぐにして停めましょう。

理由はいくつもありますが、大きくは二つ。

まず、機械的に負荷をかけます。

タイヤは元来、真っ直ぐになるように出来ています。

バネの力で、真っ直ぐに戻るようになっているのです。

だから、駐車中にタイヤを曲げていると、足回りを傷めてしまいます。

もう一つの理由は、社用車など、複数人が利用する車の場合です。

ある社員が、タイヤを曲げたまま車を駐車したとします。

その後、別の社員が、その車を使うとします。

その社員にとっては、駐車中の車のタイヤは真っ直ぐになっているもの、という意識があります。

タイヤが曲がっていることを意識せずにアクセルを踏んで、車体が思わぬ方向に進んでしまい、事故になる、という恐れがあるのです。

これも、普段から習慣づけていないと、「つい」やってしまいがちです。

こういう「クセ」のある人は、習慣づくまでは、強く意識して繰り返す必要があります。

 

③車内に余計なものを載せない

③-1 荷室に余計なものを載せない

荷室(トランクルーム、ラゲッジスペース)に余計なものを載せている人が多いです。

そもそも、「余計なもの」の定義が、人によって違うのです。

私の定義する余計なものとは、「今日その場で使わないもの」です。

つまり、その日その場で使うものだけを載せる、ということです。

人によっては、使うのか使わないのかよくわからないようなもので、荷室がパンパンになっていることがあります。

トランクいっぱい

もっとも、建築業や設備業などでは、いざという時のために、工具や補修部品、交換部品を常備していることもあるでしょう。

確かに、そういったものは必要です。

しかし、中には、もう3年も5年も使っていないような工具があったり、使用期限の切れたコーキング剤が固まったまま放置されていることもあります。

それらは言ってみれば「ゴミ」ですから、ゴミを載せたままではいけません。

余計なものが多いと、車重が重くなり、燃費にも悪影響を与えます。

中身を精査して、本当に使う可能性のあるものだけにしましょう。

理想は、毎日その日に必要なものだけ載せ、一日の業務が終わったらすべて降ろす、という形です。

 

③-2 キャビンに余計なものを載せない

同様に、キャビン(運転席、助手席、客席)にも、余計なものを載せないようにしましょう。

外回りの営業マンでよくあるのは、営業グッズを、大量に助手席や後部座席に積んであるケースです。

チラシやカタログ、ニュースレター、筆記用具やメジャーなどを、無造作に座席の上に置いてあることが多いです。

しかし、積みっぱなしであるために、いざという時には見つからずに探したり、目当てのチラシがクシャクシャに折れ曲がっていたりします。

たとえ毎日使うものだとしても、当日の朝に、その日に使う分だけ載せた方がいいです。

その行為そのものが、当日の仕事の準備作業と言えます。

こうしてきっちりと当日の準備をする営業マンの方が、成績がよくなることは、当然でしょう。

キャビンに余計なものが多いと、いざというときに、お客様を乗せることもできません。

セダンならば、本来、ドライバーの他に、3人のお客様を乗せることができるはずです。

 

③-3 グローブボックスに余計なものを入れない

同様に、グローブボックスにも、余計なものを入れないようにしましょう。

グローブボックスは死角です。

ついつい、いろいろなものを入れっぱなしにしてしまいがちです。

ペンやメモ帳などの筆記用具から、ゼムクリップや輪ゴム、タバコやガム、果てはお店のポイントカードから現金などまで・・・・・。

グローブボックス

確かに、常備しておくと便利なものもあります。

しかしそれらは、必要最小限のものでいいでしょう。

特に、現金を裸のままで置いておくのは問題です。

そのような状態を放置しておくと、お金にルーズな風土を作ってしまいます。

私物ならば自分の財布に入れる。

業務上必要なものであれば、しかるべき容器に入れた上で、その日ごとに清算すべきです。

不思議なことに、こうしたグローブボックスのような「見えないところ」の状態が、なぜか運転者に空気として伝わるのです。

 

③-4 ダッシュボードに物を置かない

ダッシュボードにものを置く人が多いですが、絶対にやめたほうがいいです。

ダッシュボードにものを載せない

ボックスティッシュや仕事で使う伝票などを、ダッシュボードに置いている人をよく見かけます。

しかし、ダッシュボードにものを置いていると、それがフロントウィンドウに反射して、視界を遮り、非常に危険です。

「助手席側ならいいんでしょ?」と言う人がいますが、助手席側のフロントウィンドウの視界も大切です。

また、カーブを曲がった際に、勢いで、助手席側のダッシュボードに載っていたものが運転席側に滑ってくる、という恐れもあります。

それから、バックミラーからお守りを吊り下げている人がいますが、あれも視界を遮るので絶対にやめましょう。

およそ、フロントウィンドウの周辺には、いっさいのものを置いたり吊り下げたりしないほうがいいです。

 

④奥や裏までしっかりとそうじする

④-1 そうじ道具の説明

車のそうじ方法に、唯一絶対の正解があるわけではありませんが、お勧めの方法はあります。

私のやり方では、使う道具は、バケツ2個、洗車ブラシ、歯ブラシ、洗車スポンジ、綿雑巾、洗車用クロス、マイクロファイバークロス、ハンディ掃除機、脚立、です。

車のそうじ道具

一般的な方法と大きく違うのは、ホースと洗剤を使わない、ということです。

まずホースを使うということは、水道の蛇口が近くにある所でないと出来ません。

しかし、実際には、バケツに水を汲めば、どこでも洗車はできます。

また、洗剤は、油分が多ければ有効ですが、車のボディの汚れは、ほとんどが砂や土ですから、あまり意味がないのです。

加えて、洗剤を使わなければすすぎも楽で、水の節約にもなります。

 

④-2 車内のそうじ

まず車内のそうじを行います。

フロアマットをすべて外して、泥や砂利をはたきます。

その間に、ハンディ掃除機で、足下を掃除します。

シートの座面と背もたれの間などは、ゴミやホコリが詰まっているので、要注意です。

ワゴンやバンの場合は、座席が折りたためるものもあるので、その場合には折りたたんで掃除機をかけます。

ボディの洗車をした後に、雑巾やクロスで拭き上げるのですが、長くなるので、ここでは割愛します。

ポイントは、場所によって雑巾やクロスを使い分けるということと、裏や奥といったところも、しっかりと拭くということです。

ドアの内側の、ボディフレームと接触している所などは、要注意です。

細かいところまでそうじする

 

④-3 ホイールのそうじ

車内のそうじが終わったら、次にホイールのそうじです。

特に、前輪ホイールは、ブレーキパッドの粉が付着して、汚れています。

ブラシに水を含ませて、しっかりこすりましょう。

細かい部分は、歯ブラシを使うとキレイにそうじできます。

ホイールのそうじ

また、車によっては、ホイールキャップが付いているものもあります。

ホイールキャップ

ホイールキャップを取り外してください。

きっと、ホイールキャップの裏側は、真っ黒に汚れているはずです。

ホイール周辺が汚いと、車全体がくすんで見えます。

逆に、ホイール周りが光っていると、車全体が引き締まって見えます。

人間の靴と同じですね(笑)。

 

④-4 ボディのそうじ

さて、ボディ全体の洗車です。

手順としては、まず洗車スポンジにバケツの水を含ませて、それでボディをこすっていきます。

次に、洗車クロスで水分を拭き上げます。

ルーフに始まり、バック、両サイド、フロント、と同じ要領でそうじしていきます。

もちろん、途中、随時、スポンジに水分を含ませたり、クロスをすすいだりします。

ホースや洗剤を使わない簡易的な方法ですが、よほどのひどい汚れでない限り、この方法でじゅうぶんにキレイになります。

 

④-5 エンジンルーム内のそうじ

最後の仕上げとして、ボンネットを開けて、エンジンルームのそうじをしましょう。

といっても、エンジンルーム内は機械が複雑に配置されているので、ざっと雑巾で拭くくらいで結構です。

このついでに、点検をしてほしいのです。

点検なんて全然しないという人も多いでしょうが、道路交通法では、始業前点検をすることが義務づけられています。

エンジンオイル、ミッションオイル、ブレーキオイル、ウィンドウォッシャー液、バッテリーの、それぞれの残量チェックだけでもしたいものです。

こうして点検することで、車の異常の早期発見につながります。

実際に私も、エンジンルームを開けてみたら、ある部品のネジが取れて、その部品が落ちかかっているのを発見して、すぐに修理に出したことがあります。

 

⑤まとめ

こうして言葉で説明すると、とても長くなるのですが、実際には、これらの手順を全部一人で行っても、所要は1時間くらいです。

まして、会社で2~3人で一緒にやれば、20~30分間でやることができます。

また、冒頭部分でご説明した車の停め方は、習慣になってしまえば、さほど負担にはなりません。

このように、車の停め方を整え、車をキレイにすることで、確実に事故は減ります。

運転の質も上がります。

お金もかからず、誰でもできる取り組みです。

そして、こうしたことは、車に限りません。

同じことが、製造業における機械設備にも言えますし、小売店における店舗設備にも言えるのです。

そうじをすれば、会社は良くなるのです。

 

 

Youtubeチャンネルで、車のそうじ方法を実地で解説しています。

こちらも併せてご覧いただければ、より一層理解が深まると思います。

車のそうじをすれば、事故は減る(前編)

車のそうじをすれば、事故は減る(後編)

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ