2020年07月27日

ご報告

本年2月20日に、株式会社しののめ出版の元代表、永松義人氏を被告として、「不当利得返還請求事件」として高崎簡易裁判所に少額訴訟を提訴しておりましたが、7月7日に裁判が開かれ結論が出ましたので、ご報告します。

被告の永松義人氏が当方の主張を全面的に認め、分割払いでの不当利得の返還に同意したため、裁判官の権限により、分割払いで和解するよう「決定」がなされました。

今後、「決定」どおり分割払いが行われれば、当方として、これ以上は争わないつもりです。

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ