2020年08月03日

「もったいない」は本当に美徳か?【そうじの力で組織風土改革】

先日、とある支援先に行って、環境整備の研修を行いました。

そこでトイレそうじの実習を行ったのですが、そのときに感じたことがあります。

その会社で用意された雑巾が、ボロボロに傷んでいるのです。

イメージとしては、下の写真のような感じです。(ここまでひどくはないですが・・・)

傷んだ雑巾

この会社では、雑巾を大切にしており、汚れたり傷んだりしたからといって、すぐには捨てずに、とことん使い切るようにしているとのこと。

こういう会社は、けっこうあります。

確かに、モノを大切にするという精神は、とても良いことです。

しかし、そのことと、道具を適切な状態で使う、ということは、別の話です。

このように傷んだ雑巾で、果たしてきちんと掃除ができるでしょうか?

繊維が弱くなっているので、きつく絞ることができません。

結果として、余分な水分を含んだまま拭き掃除をすることになります。

そうすると、拭いた面が、びちょびちょになってしまいますね。

また、繊維くずが抜けていくので、拭いた面にたくさんの糸クズが残ってしまいます。

これでは、せっかくキレイにするために雑巾がけをしているのに、実際にはキレイにならない、ということになってしまいます。

ですから、このような道具の使い方は間違っている、と言わざるをえません。

キレイにするためには、常に汚れや傷みのない状態の雑巾を使うべきです。

汚れがこびりついてしまったり、繊維が破けたりしてしまったりしたら、そこで捨てるべきです。

その時点で、その雑巾は「雑巾としての生」をまっとうしたのであり、なんらもったいなくはないのです。

 

似たようなことで、割れたガラス窓や壁に空いた穴を、段ボールで覆って補修しているケースがあります。

下の写真のようなイメージです。

段ボール補修

なぜこのようにしているのか、と聞くと、「いちいち修理していたらキリがない」とか「修理する費用がもったいない」というような答えが返ってきます。

でも、ほんとうにもったいないのは、「人の心」です。

こうした環境を放置しておくと、「モノを、そのもの本来の状態で使わない」のが当たり前、という風土になってしまいます。

だから、かえってモノを乱暴に扱ってしまいがちなのです。

「どうぜボロなんだから」という感覚です。

モノを大切に使おうとするならば、そのもの本来の姿を、常に保つことが必要です。

モノが壊れたり破けたりしたときには、応急処置はともかく、できるだけ早めに、本来の姿に戻るように修理すべきです。

 

どうも世の中には、「もったいない」という言葉を、「ボロボロになるまで使い切る」とか「できるだけ費用をかけない」というふうに意味を取り違えている人がいるようです。

しかし本来の「もったいない」とは、「人や物を、そのもの本来の力を発揮させる」ということだと思うのです。

だから、雑巾は、常にキレイで傷みのないものを使いましょう。

キレイなタオル

 

段ボールやガムテープでの補修は、できるだけ早く、きちんと修理しましょう。

そうすることで、そこに関わる人たちの心も、明るく前向きになっていくことでしょう。

 

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ