2020年09月02日

そうじのコツは「いったん全部出す」こと【そうじの力で組織風土改革】

本日は、大阪府で3つの霊園を運営する(株)西鶴の「そうじの力」コンサルティング日。

同社は、「暗くて汚い」という霊園のイメージを変えるため、環境整備に力を入れています。

実際、3つの霊園は、「明るくキレイ」で、西洋庭園を思わせる、癒される空間になっています。

(株)西鶴の運営する霊園

社員さんたちの質も高く、彼らの笑顔は、お客様や近隣住民の方々から愛されています。

一般的な感覚からすれば、もうこれで十分でしょう。

しかし、同社も私も、決して見た目を良くするためだけに、環境整備に取り組んでいるわけではありません。

環境整備に取り組むことで、気づきの感度を高め、創意工夫し、より正確で丁寧な仕事をすることこそが、目的なのです。

そのためは、細部にこだわることが重要です。

たとえば、同社の事務所では、事務用品などの整理・整頓を徹底しています。

すべてのキャビネに表示と標識が施され、どこに何があるのか、一目でわかるようになっています。

ところが、そのキャビネの一つひとつの中身を検分してみると、あるはずのものがなかったり、あるべきでないものがあったりすることが、ままあります。

一度整えても、使用しているうちに、どうしても乱れてきてしまうのですね。

それを改善するための一番のおススメの方法は、定期的にキャビネの中を雑巾で掃除することです。

掃除するためには、中身をいったん全部出す必要があります。

実際にその場でやってもらいました。

いったん全部出す

すると、不足しているものに気づくので、そこで補充できます。

不要なものが紛れていることに気づきますから、不要なものは捨てます。

そして、雑巾で内部を拭き上げることで、清潔にすることができます。

この一連の作業を行うことで、気づきの感度が高められ、丁寧なマインドが育まれるのです。

同社の環境整備は、既に高いレベルにありますが、さらに質を高めるために、定期的に、今回やったように、いったん全部出して中を拭き上げるように、アドバイスしました。

 

余談になりますが、同社では、京都で昔走っていた電車を引き取り、霊園内に設置しました。

電車は、出会いと別れ、そして旅立ちの場であり、霊園のテーマと重なります。

京都の電車

休憩場所や法要所として活用してために、これから内外装に手を入れていくとのこと。

今後、この電車が、新たな名物になるかもしれません。

こちらをクリックすると、電車搬入時の動画をご覧になれます。

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ