2020年09月23日

思い切って捨てれば、会社は良くなる!【そうじの力で組織風土改革】

本日は、兵庫県丹波市の(株)森田石材店の「そうじの力」コンサルティング日。

各部門のリーダーを集めて、環境整備の研修会を行っています。

前回訪問が6月だったので、約3か月ぶりとなります。

毎回の研修会では、各拠点を持ち回りで見て回ります。

今回は、加東市にある滝野店が舞台です。

以前は、ものが多く、なかなか活動が進まなかったのですが、今回は違いました。

たとえば、書棚。

以前は、書類や備品がパンパンに詰まっていた書棚が、今はスカスカです。

スカスカの書棚

「ここにあったものは、どうしたのですか?」と聞くと、

「よくよく考えてみると、要らないものばかりだったので、捨てました」とのこと。

よく思い切ったものです。

こうしてスペースに余裕ができると、残ったものを、より機能的にするために、どこに何をどのように置くか、つまり「整頓」がしやすくなります。

今後、どのように整頓が進んでいくか、楽しみです。

 

もうひとつ驚いたのが、デスク周りです。

以前は、デスクの一台一台がパーテーションで区切られ、各人のデスクには、書類をはじめ、さまざまなものが積まれていました。

これ(↓)が、活動をはじめた当初の滝野店の事務所のデスク周りです。

以前のデスク周り

そのパーテーションは、活動を開始して一年くらいでと撤去されたのですが、その後も、書類の山積みは続きました。

その間、この環境整備研修で同店を訪れるたびに、私は「机上ゼロにしませんか」と促すのですが、なかなか進みませんでした。

ところが今回、これまであった書類の山積みが消え、机上ゼロになっているではありませんか!

現在のデスク周り

「どうしたんですか?」と問うと、これまた「やればできました」との答え。

そう、やればできるんです。

モノを捨てられないのは、そこに何らかの執着があるから。

だからモノを捨てることで、その執着を断ち切ることができるのです。

捨てて身軽になってみると、今までの執着が何だったのか、バカらしくなります。

こうして古いしがらみがなくなると、新しいチャレンジができるようになります。

滝野店の今後の発展が、楽しみです。

 

ところで、同社の「そうじの力」の取り組みが進んでいる大本は、トップである森田茂樹社長の「思い切り」にあります。

社長は、これまでずっと敷地内に積んでいた石材在庫を、一気に処分してくれました。

これでスペースが拡がり、作業がしやすくなりました。

びっくりしたのは、会社の隣にある、社長のご自宅前にズラリと並んでいた石が、すっかり消えてなくなっていたことです。

社長宅

ビフォア写真がないので、分かりにくいかもしれませんが、以前はここにズラリと高級そうな石が並んでいました。

きっと、先々代、先代と引き継がれてきた石なのでしょう。

これを捨てるのは勇気が要ったと思います。

でも森田社長は、石はそこにあるだけでは何の意味もないことを、理解してらっしゃいます。

我われに必要なのは、動かない石を眺めて満足することではなく、動く石をどんどん活躍させることなのです。

この森田社長の下、同社の「そうじの力」は、今後もどんどん進んでいくことでしょう。

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ