2020年09月24日

オンラインでも実習はできる【そうじの力で組織風土改革】

コロナ禍で、私もお客様への訪問が思うようにいかなくなっています。

4月と5月は、ほぼゼロ。

6月からぼちぼち訪問を再開しています。

お客様の状況やご要望もさまざま。

6月以降、「以前のように来てくれ」というお客様もあれば、「まだまだ来てもらっては困る」というお客様もいらっしゃいます。

私は、訪問するもしないも、お客様しだい。

お客様が「来てくれ」とおっしゃれば喜んで伺いますし、「来てくれるな」とおっしゃれば行かない、というだけです。

そんなわけで、現在は、コロナ前の6割くらいの感じで、訪問活動をさせてもらっています。

基本的に、私の支援活動は「現場主義」。

現地を訪問し、現場を見ながら実地でアドバイスをするのが、基本的なスタイルです。

なので、コロナ禍以降、オンラインでの講義を要望されたりもするのですが、原則としてお断りしております。

でも今回、試しにオンラインでの指導をしてみました。

しかも、「講義」ではなく「実習」です。

私のほうで口頭や動画で解説をしたあと、現地の皆さんに実習をしてもらう形にしました。

オンラインでの実習

これが、意外にいけるのです。

書類の整理や、車両のそうじ、そしてトイレそうじなどをしてもらいましたが、予想以上に、ちゃんと実習してもらえたと思います。

今回、お客様企業のオンライン環境が整っていたことも幸いしました。

講義は大型のモニター画面で投影し、実習中は、ipad を使って現場のようすをこちらに送ってもらいました。

こうすることで、ある程度のことはできる、ということが分かりました。

(もちろん、限界はありますが)

ただし、これは、これまでに何度も訪問し、お互いに相手のことが分かっているからこそできるものであって、新規のお客様では、これはできません。

なので、今後も、既存のお客様からオンラインでのご要望があった場合には、検討しますが、新規のお客様の場合には、お断りすることになるでしょう。

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ