2020年10月02日

離れていても一体感は醸成できる【そうじの力で組織風土改革】

本日は、東京都中野区の(株)小河原建設の「そうじの力」コンサルティング日。

毎月1回訪問し、全員参加で環境整備の研修会を行っています。

同社は、私が約10年前からお手伝いして熱心に環境整備に取り組んでいる会社。

「東京一きれいな現場」をスローガンにし、実際に「素足で歩ける現場」を実現している、超優等生。

そんな同社も、人が入れ替わったこともあって、あらためて最初から環境整備をやり直したい、ということで、今年の6月から、毎月研修を行っています。

研修では毎回、必ず実習を行います。

環境整備は、実践がすべて。

立派な理論理屈を100回唱えたところで、物事は何も変わりません。

いろいろな実習のテーマがあるのですが、今回のテーマは「床磨き」。

長年の使用で傷み、汚れたPタイルの床面を、磨いていきます。

小河原建設(床磨き)

1回に一人が磨くのは、30cm四方の狭い範囲。

この狭い範囲を、時間を決めて、一心不乱に磨くのです。

これ以外のところは、あえて汚いまま残しておきます。

そうすると、磨いたところと磨いていないところの違いが鮮明になります。

このやり方を「局所集中」と言います。

こうして磨いもらったあと、感想を述べてもらうのですが、それがなかなか面白い。

「磨いているうちに無心になってくる」とか、

「最初は適当にやっていたが、磨いているうちに細かい汚れや傷に気づき、もっとキレイにしてやろうという欲が出てきた」

などなど。

そして、一番印象に残ったのが、

「磨きながら、他の人と一言もしゃべっていないのに、妙に一体感を感じた」

というコメント。

一体感、というと、飲み会をやって云々という話になりがちですが、決してそのようなものではないはずです。

こうやって、共通の目標に向かって、同じように汗を流すこと。

そこで、他の人としゃべろうが、しゃべるまいが、影響はありません。

同様に、たとえ同じ場所にいなくても、つまり、別々の場所であっても、共通の目標に向かって、同じ作業で汗を流せば、一体感は得られるのです。

(他の支援先でも、同様の感想をたくさんいただいています)

そういった意味で、このコロナ禍のリモート環境においても、”そうじ”は社内の一体感を醸成するのに、お勧めの方策と言えます。

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ