2020年11月09日

常に実践し、検証し、修正していく【そうじの力で組織風土改革】

本日は、香川県高松市を本拠とし、四国および中国地方に11店舗を展開するホームセンター、西村ジョイの「そうじの力」コンサルティング日。

ちょうど7年前から、同社の環境整備のお手伝いをしています。

 

ホームセンターとしての環境整備の課題は、たくさんあります。

お客様が利用する店頭やトイレ、駐車場をキレイにすることはもちろん、バックヤードや事務所など、表からは見えない所の整理・整頓・清掃も、とても大切です。

 

同社では、活動を効率的かつ有効に行うためのツールとして、マニュアル『西村ジョイスタンダード』を作っています。

そしてその内容を、実践に即して常に検証しています。

マニュアルよりも良い方法があれば、それを実践し、報告し、有用と判断されれば、スタンダードが改訂されます。

こうして、自分たちのやり方を常に見直して、より良くするための努力をしているのです。

 

さて、このコロナ禍で、同社の「そうじの力」研修会も、しばらくお休みが続いていました。

今回、久しぶりの開催となりました。

一部の店舗については、オンラインで繋いでのリモートでの参加となりました。

オンラインでの研修会

研修会においては、現場の巡回視察や実習も行います。

現場にもオンラインカメラを持っていき、リモート先に映像を送りますが、伝わる内容には限界があります。

ましてや、実習となると、リモートでは参加することはできません。

実習のようす

やはり現場に立つと、刺激になります。

参考事例や問題点を実感することができ、それを自店舗に持ち帰ることができます。

オンライン技術の進歩は目を見張るものがあり、オンラインで出来ることも以前に比べると格段に増えてきました。

それでも、現地で現場でしかできないことがあります。

一刻も早くコロナ禍が終息し、皆で集まれる日が来ることを祈ってやみません。

 

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ