2021年01月07日

昨日よりも今日、今日よりも明日と進歩していく【そうじの力で組織風土改革】

本日は、福井県鯖江市の有限会社ファインの「そうじの力」コンサルティング日。

メガネフレームやライターなどにおしゃれなデザインを印刷する、特殊印刷の会社です。

印刷会社だけに、当初は、床と言い壁と言い機械と言い、インクまみれで、それが当たり前の状態でした。

「そうじの力」を導入して9年が経った今、工場内にインク汚れは皆無です。

床面は、舐められるくらいにピカピカです。

舐められるくらいピカピカの床面

設備や道具は、細かく定位置化され、誰が見ても、どこに何がどのくらいあるか一目見てわかるようになっています。

ここまでのレベルになると、もうやることがなくなり、マンネリ化して、活動が停滞してしまうのではないか、と危惧されるところですが、同社にその心配はなさそうです。

このコロナ禍で、私の環境整備研修も久しぶりの開催となりました。

約1年ぶりに訪れた同社は、相変わらずキレイで整っているだけでなく、さまざまな面で、以前よりも進歩しているのが目に見えて、とても嬉しく思いました。

たとえば、工場の玄関口。

雪国のため、冬季は消雪パイプからの温水が路面に散布されます。

すると、水の中の鉄分なのでしょう、路面が赤茶けてしまうのです。

以前から、この赤茶けた鉄分を、どうにか取れないか、と話していました。

今回見てみると、路面の一部が明らかに他の部分と違い、キレイになっているではありませんか。

キレイになったアスファルト

聞いてみると、鉄分専用の洗剤を使って落としたり、アスファルトを黒く塗るスプレーを使うなど、試行錯誤しながら、徐々にキレイにしていっているのだとか。

きっと、大変な労力を要したことでしょう。頭が下がります。

そして、研修室の床面。

ここは、これまでに、壁紙を貼り替えたり、床面を塗り替えたり、いろいろと手を入れてきたところです。

今回は、グレーだった床面を、ライトグリーンに塗り替えている最中でした。

塗り替え途中の研修室の床面

社員さんたちの、「もっと明るい空間にしたい」という提案を取り入れて、この色に塗り替えることにしたそうです。

「やるからには楽しく」をモットーとする、同社らしい取り組みです。

また、インクを調色する際に使う溶剤から床面を保護するために、以前は調色室にビニールマットを敷いていたのですが、より耐久性があり、見栄えも良いPP製の硬質ボードに変えられていました。

PPボード

これによって、耐久性と見栄えが良くなっただけでなく、作業性や安全性も良くなったことが伺えます。

ではなぜ、同社が、高いレベルにある現状に満足せず、昨日よりも今日、今日よりも明日と、進歩しつづけているのでしょうか?

それはひとえに、日々の活動を愚直に続けている結果だ、としか言いようがありません。

同社では、毎日30分間のそうじをしてから朝礼を行っています。

朝礼においては、その日のそうじで気づいたことを発表し合って、気づきを共有しています。

週に1回は、工場の床面全体を全員で雑巾がけしています。

また、毎週1回1時間、大掛かりな改善活動を行っています。

道具の定位置化や、壁や床面の塗り直し、レイアウト変更などです。

さらに、月に1回「班長チェック」が行われます。

これは輪番で任命された班長2人が、会社内を歩いて見て回り、改善が必要な点を指摘し、より良くするためのアイデアを提案する場です。

こうした取り組みを、この9年間、ずっと続けてきました。

そしてもちろん、このコロナ禍の中でも、休むことなく続けてきました。

そのおかげで、同社の団結力は半端ではありません。

中身を出して磨き上げる

工夫や改善の能力も優れているので、利益率も高いということです。

「小さくても誇れる会社」のお手本が、ここ鯖江にあります。 

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ