2021年02月04日

扉をなくせば、会社は良くなる!【そうじの力で組織風土改革】

書類や事務用品、工具などを棚に収納するとき、うまく整頓するコツのひとつが、「扉をなくす」ということです。

扉をなくすことで、生産性や快適性が上がるだけでなく、組織風土も良くなります。

今回は、なぜ扉をなくすと、会社が良くなるのかについて、解説します。

 

目次

①扉があると中身が乱れ、扉がないと中身が整う。

②扉があると、どこに何があるか分からないが、扉がないとどこに何があるか一目でわかる。

③扉があるとロスが多いが、扉がないとロスがない。

④まとめ

 

①扉があると中身が乱れ、扉がないと中身が整う。

扉があると、一見、スマートに見えます。

しかし、扉で中身が隠されているために、つい油断してしまって、中身が乱れてしまう、ということが往々にして起こります。

それを防ぐために、思い切って、扉を取り払ってしまおう、ということなのです。

 

たとえば、このキャビネ。

キャビネビフォア

当初はこのように、扉がついていました。

木目調なので、一見、スマートに見えます。

しかし、扉を開けてみると、中身がぐちゃぐちゃという問題がありました。

そこで、ある時、思い切って、すべての扉を取り払ってしまいました。

こんな感じです。

キャビネアフター

この会社は、建築系の会社で、ここは業者さんも通るところ。

だから、外部の人にも見えてしまうのです。

中身がぐちゃぐちゃでは恥ずかしいので、見られても恥ずかしくないように、整理・整頓していきました。

その結果、今ではこんな風に整っています。

書庫アフター全景

常に露わになっているので、気が抜けません。

常に整えようという意識が湧きます。

だから、放っておいても、乱れることがないのです。

 

②扉があると、どこに何があるか分からないが、扉がないとどこに何があるか一目でわかる。

実は、扉があることのデメリットは、他にもあります。

扉で隠されているために、中身が見えず、「どこに何があるか」が、パッと見て分からないのです。

もちろん、扉に表示をするとか、地図を貼りつけるとか、方法はあります。

それでも、パッと見て「どこに何があるか」がわかる、というわけにはいきません。

 

③扉があるとロスが多いが、扉がないとロスがない。

さらに、何かを取り出すときに、いちいち扉を開け閉めする、というロスが生じます。

しまうときにも同様のロスが生じるわけですから、積もり積もれば、相当なロスになります。

 

たとえば、このキャビネ。

石見交通キャビネビフォア

一見するとスマートに見えますが、この状態では、どこに何があるか、さっぱり分かりませんね。

もっとも、ベテランの人はわかるのかもしれませんが、慣れていない人にはわかりません。

「わかる人にだけわかる」というのは、とても不親切なシステムです。

「そうじの力」が目指すのは、「人にやさしい」システム。

すなわち、「今日入った新人でも、どこに何があるか、一目でわかる」状態にすることです。

このキャビネは、今ではこんなふうになっています。

石見交通キャビネアフター

これならば、まさに新人でもわかりそうですね。

しかも、扉を開け閉めするロスもありません。

この会社では、より分かりやすく、より見栄えよくするために、こうしてカラーリングを施して、整えています。

何より、このような状態にしておくと、ここで働く人たちが快適ですね。

 

④まとめ

以上をまとめると、

 

扉があることのデメリット

①中身が隠れているため、乱れやすい。

②どこに何があるか分からない。

③扉を開け閉めするロスが発生する。

 

扉がないことのメリット

①中身が露わなので、整える意識が湧く。

②どこに何があるか、一目でわかる。

③ロスなく、出し入れできる。

 

ということになります。

やはり、「オープンにする」ということが、重要な原則なのです。

 

こういう取り組みをしようとすると、必ず、抵抗が起きます。

何かを隠したい、という気持ちが、抵抗させるのでしょう。

でも、何もやましいことがなければ、露わにして問題ないはずです。

取り組みを進めていくうちに、徐々に抵抗は薄れてきます。

もし、あまりに理不尽に抵抗する人がいる場合には、ひょっとすると、何かその人にはやましいところがあるのかもしれません(笑)。

物理的な壁(扉)を取り払うことは、心理的な壁を取り払うことにつながります。

オープンな環境を作るということは、言ってみれば、オープンな組織風土を作る、ということなのです。

 

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ