2021年03月11日

小さなことをおろそかにしない【そうじの力で組織風土改革】

本日は、都内某社の「そうじの力」コンサルティング日。

同社の環境整備を、2年半ほどお手伝いしております。

ここのところ、コロナの影響で、オンラインでのアドバイスのやり取りが多かったのですが、今回は、実際に現地に赴き、倉庫の視察を行いました。

非常に良く整理・整頓・清掃された倉庫で、現状でもかなり環境整備のレベルは高いといってよいでしょう。

ただ、いくつか気になる点がありました。

たとえば、この写真。

ラインテープ

エリアを分けるために貼ってあるラインテープです。

こうした目印で、きちんと整頓しようという気持ちはわかります。

しかし、よく見ると、テープの所々が剥がれたり破損したりしています。

これを、放置しない方がいい。

放置しておくと、「このラインにさほど重要な意味はありませんよ」という、誤ったメッセージを発してしまうことになります。

挙句の果ては、誰もこのラインを守らずに作業をしてしまうようになります。

なので、こうして破損や剥がれがあった場合には、すぐに貼り直すことが大切です。

常に最適な状態のラインテープにしておくことで、「このラインを必ず守りなさい」という明確なメッセージが発せられることになります。

ひいてはそれが、「決められたルールを守る」という風土を作っていくことになるのです。

環境整備においては、こうした「小さなこと」をおそろかにしない、というのが、とても大事です。

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ