2017年01月25日

部門間あるいは会社間の連携・協力がキー!|石見交通

本日は、島根県のバス会社、石見交通(株)の支援日。

現在、3か月に1回訪問して研修会を行っています。

同社の小河英樹社長は、「そうじの力」を「経営の三本柱」のひとつと位置付けて、熱心に旗を振っておられます。

同社では、グループ会社6社が、すべて”そうじ”(=環境整備)に取り組んでいます

 

今回は、年の始めということで、ここ最近の活動報告とともに、今年の活動計画も発表してもらいました。

各部署とも、取り組みが進んでいます。

たとえば、安全輸送部。

これまでのキャビネはこんな感じでした。

それが今は、こんな感じ。

「オープンにした方が分かりやすく出しやすい」と、扉を取り外したのです。

今までずっとそこにあったものをなくすというのは、とても勇気のいることですが、思い切ってやってくれました。

また、益田営業所では、バス停の整備を進めています。

汚くなった時刻表を剥がして、新しいものに貼り換えたり、バス停の支柱やボード面を磨いたり。

そして今回は、待合所(ボックス)の清掃を行ったそうです。

通りがかった近所の人が「ご苦労様」と労いの言葉をかけてくれたそう。

そして、グループ会社の石見ガスセンター。

敷地の裏側にある倉庫が、物がゴチャゴチャしてひどい状態でした。

何回か整理をして、かなりスッキリはしてきたのですが、まだ不十分です。

そこで、今年こそはこの倉庫をキレイに整理・整頓しよう、という計画を立てて、さっそく実行に移しているとのこと。

みんなでモノをいったん全部出して、要るものと要らないものを仕分け、要らないモノを捨てます。

整理・整頓が終わるまでには、まだまだかかるでしょう。

 

同社の特徴は、部門間あるいは会社間の連携・協力が素晴らしいことです。

人手が必要な時は、事務部門の人たちもツナギを来て、他部署の”そうじ”を手伝います

それを彼らは自発的に行っているのです。

上記の待合所の清掃も、部門横断で行ったとのこと。

こうして社内のコミュニケーションが高まっていくからこそ、小河社長が「そうじの力」を「経営の三本柱」のひとつに挙げているのでしょう

 


◆小河社長のインタビューはこちら(↓)

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ