2017年02月10日

「気づきの感度を高める=洞察力を高める」ということ|エース・コーポレーション

本日は、東京都港区にある不動産業、(株)エース・コーポレーションの環境整備「そうじの力」の支援日。

全員参加で、事務所内の整理・整頓・清掃を進めています。

不動産業の場合、いちばんかさばるのは書類です。日々溜まっていく書類を、どう処理していくかが、一番の課題です。

おかげさまで、ずいぶんと整ってきました。

 

毎回、訪問すると、まずは前回の宿題事項の進捗と現状の確認を行います。

掲示物については、あちこちに貼らずに、一か所にまとめたほうが抜け落ちがなく、分かりやすいですよ、とアドバイスしました。

 

環境整備の目的のひとつは、「気づき」の感度を高めることです。

たとえば机の上に書類が山ほど積んである状況では、そこに大事な書類が置いてあっても気づかないかも知れません。

机上をクリアにすれば、すぐに気づきます。

 

同様に、「清掃」も、「気づき」を高めるとても良い訓練になります。

清掃とは、「掃く、拭く、磨く」ということ。今回、あらためて清掃のレクチャーを行いました。

まずは、雑巾の絞り方。

雑巾の絞り方にも、理にかなった「原則」があります。

これに従うことで、よりキレイに固く絞ることができるのです。

そして、清掃のコツは、何といっても「見えない所」を重点的に行うこと。

たとえば、椅子の脚などは、普段見ているようで見ていない所です。

ということで、さっそく、実習をしてもらいました。

こうした「見えない所」を清掃することで、「なるほど、ここはこんなにも汚れるのだな」という「気づき」を得ることができます。

 

「気づき」の感度が高まること「一見問題に見えること」の裏に隠れた「真の課題」を見つける洞察力を高めることに繋がっていきます。

この調子で、今後も整理・整頓・清掃を進めて、「気づき」の感度をどんどん高めていって欲しいと思います。

 


◆せっかく取り組んでいる「環境整備」、「美化運動」になってしまっていませんか?

 社長がチェックすべき10のポイントを、メール講座にて公開しています。

 

◆(株)エースコーポレーションのホームページはこちら

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ