2019年08月06日

社員の「できたこと」を大切にしているか?提案が出る会議の作り方。

社員の「できたこと」を大切にしているか?提案が出る会議の作り方。
「社員からなかなか問題提起が出てこない」 「会議で社員に積極的に意見を出してほしい」…。 そんな風に思ったときは、 「我が社の会議がどのように運営されているか」を見直してみると良いかもしれません。   こんにちは。 そうじで組織と人を磨く、日本で唯一の研…

2019年07月31日

“社長の仕事”をするためには、まず社長の机を整理せよ!

“社長の仕事”をするためには、まず社長の机を整理せよ!
社員に「整理整頓しなさい」と言う社長の机が、実は一番書類が溜まっている…。 多くの会社で「よくある」ことです。 でも、社長の机や身の回りが整理できていない限り、「整理整頓で経営を変える」ことは、実現不可能。 その理由とは…?   こんにちは。 そうじで組…

2019年07月25日

経営理念を浸透させるために。「行動する場」を用意していますか?

経営理念を浸透させるために。「行動する場」を用意していますか?
時間をかけて、経営理念や経営指針を作った。 でも、それを全社に浸透させることの難しさを実感している…。 そんなときこそ、全社で取り組んでほしいのが"そうじ"です。 "そうじ"は、経営理念を体現する社員を育てるための最適な手段です。 どうして、"そうじ"が有効なので…

2019年07月24日

組織風土を変えるには。まずは「社員のマインド」より「社内の状態」に着目せよ!

組織風土を変えるには。まずは「社員のマインド」より「社内の状態」に着目せよ!
組織風土の良い会社に行き、「自社もこうなりたい!」と胸を躍らせたことはあるでしょう。 そして、「組織風土を変えるために、まずは社員のマインド(考え方)を変えよう!」と、モチベーション研修を課していることもあるでしょう。 でもそれが「組織風土の変化」に結びつくかとい…

2019年07月20日

社員に経営者目線に立ってほしいなら。「気づき力」の育て方。

社員に経営者目線に立ってほしいなら。「気づき力」の育て方。
「社員に"経営者目線"に立って仕事をしてほしい」。 そうお考えの社長は多いことでしょう。 言い換えれば、 「自分の頭で考えて、納得して、行動してほしい。その結果の売上に対し、責任感を持ってほしい」 ということだと思います。 視点を変えるのは、いきなりは難しいことで…

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ