「コラム」の一覧

2020年01月23日

“そうじ”をすると、なぜ組織風土が変わるのか?

“そうじ”をすると、なぜ組織風土が変わるのか?
人材の採用・定着、就業管理、人材育成、情報共有、コミュニケーション、理念の浸透など、組織の抱える問題はさまざまです。 こうした問題は、総じて「組織風土」の問題ととらえることができます。 では、その組織風土を変えていくには、どうしたらよいのでしょうか? 結論から言う…

2020年01月13日

組織風土改革の進め方|抵抗勢力とどう向き合うか

組織風土改革の進め方|抵抗勢力とどう向き合うか
こんにちは。 組織変革プロデューサーの小早 祥一郎です。 今日は、ある支援先の会社で、幹部を集めて講演をしました。 “そうじ”を通じて、社内の組織風土を改革していこう、という取り組みの、概要の説明です。 講演後の質疑応答の中で、「そっぽを向いている人を、どう巻き込…

2019年12月04日

社員に「目的」を浸透させるカギは、「行動」にあり!

社員に「目的」を浸透させるカギは、「行動」にあり!
「何のためにやるのか、という『目的』が大切」 とはよく言われることです。   例えば企業の目的とは、  ・良い商品(サービス)を社会に提供し、お客さまに喜んでいただくこと  ・働く仲間を幸せにすること  ・本業を通じて地域社会に貢献すること などでしょう…

2019年11月28日

社長が一緒にやらないと、環境整備をしても会社が変わらない理由。

社長が一緒にやらないと、環境整備をしても会社が変わらない理由。
私は支援先の企業で"そうじ"(=環境整備)を指導する際、常々、 「社長が社員と一緒にやってくださいね」 とお願いしています。 それは、 「社長が一緒に環境整備をやると成功し、一緒にやらないと失敗する」 という経験則があるからです。   でも、実は多くの社…

2019年11月18日

「不要なモノを捨てる」とは、実は「本当に大切なモノを見極める」こと

「不要なモノを捨てる」とは、実は「本当に大切なモノを見極める」こと
環境整備のいろはの「い」は、整理。 つまり不要なモノを捨てることです。 私は支援先で、「捨てましょう、捨てましょう!」としつこく言います。 でも、多くの人は、モノを捨てるのが苦手。 私はそれについて、 ・「もったいない」という気持ち ・「懐かしい」などという想い入…

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ