「社内コミュニケーションを活性化させるには」の一覧

2019年04月16日

環境整備はコミュニケーションのネタ探し!|Mランド

本日は、島根県益田市の自動車教習所、Mランドの「そうじの力」コンサルティング日。 同社は、日本で最初に合宿教習を始め、サンキューレターやゲスト(教習生)のボランティア参加、Mマネー(所内地域通貨)など、ユニークな取り組みで、全国的に注目されている自動車教習所です。…

2019年04月06日

人も組織も一緒に育つ!中小企業の人材育成は「環境整備」から!

少ない人数で業務を回していかなければならない中小企業にとって、人材育成は大きな課題です。 各々がマルチタスクをこなしながら、チームとして成果を上げ続けていける組織にしていきたい。 でも、ぎりぎりの人数で日々を回しており、研修にかける時間が作りだせない…。 そんな社…

2019年03月21日

環境整備はモノを通じてコトにアプローチする活動|谷口工務店

環境整備は、物を整える活動だととらえられがちです。 でも本当は、モノへのアプローチを通じてコトにアプローチする活動なのです。 特に、「思い出」のモノに触れることで、それにまつわる感情が揺り動かされる、という面があります。 今回は、そんな話題です。   こ…

2019年03月16日

誰もが経営に参画する手段が”そうじ”(=環境整備)|森田石材店

本日は、兵庫県丹波市を本拠とする石材の加工・販売業および葬祭業を営む(株)森田石材店の「そうじの力」研修日。 一年半前から全員で"そうじ"(=環境整備)に取り組んでいます。 毎月私がお邪魔して、社長と常務以下、各部門から選抜された「そうじの力リーダー」たちが集まり…

2019年02月20日

情報共有ができる体制づくりのきっかけは|滝澤酒造

本日は、埼玉県深谷市の滝澤酒造(株)の「そうじの力」研修日。 昨年の夏から、全員で"そうじ"(=整理、整頓、清掃)に取り組んでいます。 現在は、まだまだ不要なモノを捨てる段階。 老舗の酒蔵だけあって、年代物の「モノ」が溜まっています。 活動のかいあって、ずいぶんと…

記事の検索

アーカイブ

カテゴリー

他のスタッフブログ