「良い社風をつくるためには」の一覧

2021年07月26日

社内で「扉」を無くす4つのメリット。オープンな組織風土に変えたくば、オープンな社内環境を作ろう!【そうじの力で組織風土改革】

「良い組織風土」を作りたい。 そのためにどうすればいいのか? そう考えた時に、ひとつ「オープンな組織風土にする」ことが思い浮かぶでしょう。   「オープンな組織風土」には「見える化」が必須です。 今まであなたの会社では「オープンな組織風土」をつくるために…

2020年01月23日

“そうじ”をすると、なぜ組織風土が変わるのか?

人材の採用・定着、就業管理、人材育成、情報共有、コミュニケーション、理念の浸透など、組織の抱える問題はさまざまです。 こうした問題は、総じて「組織風土」の問題ととらえることができます。 では、その組織風土を変えていくには、どうしたらよいのでしょうか? 結論から言う…

2019年09月12日

社内の悪しき「明文化されていない慣習」。”整理”で見つけ出そう!|そうじの力支援レポート

「残業時間がなかなか減らない」 「プロジェクトチームを作って働き方改革を進めているが、いまいちうまくいかない」 もし、そんなお悩みがあれば、フォーカスする視点を少し変えてみましょう。   「社内でなんだかごちゃごちゃしているところ」 に、ひっそりと隠れて…

2019年06月04日

会社を良くするのは、他でもない”社長自身の姿勢”。

社員の創意工夫が足りない。 社内のコミュニケーションが良くない。 社内のベクトルが合っていない。 そんな悩みをお持ちの経営者は多いことでしょう。 では、そんな社風を変え、良い会社にするためには、何がキーなのでしょうか? それは、他でもない、社長自身の姿勢。 今回は…

2019年04月14日

人手不足を解消せよ!中小企業の定着率向上は「環境整備」から!【そうじの力で組織風土改革】

こんにちは、組織変革プロデューサーの小早祥一郎です。   「せっかく採用したのに、人が辞めてしまう…」 早期離職者が出ることは、中小企業にとっては大きな痛手です。 3人に1人は、入社3年以内に離職すると言われる昨今。 「社長の想いについてきてくれる」社員…

記事の検索

アーカイブ

他のスタッフブログ